[ オピニオン ]

産業春秋/日本公庫に引き継がれたDNA

(2018/9/27 05:00)

10月に発足10年を迎える日本政策金融公庫の中小企業事業本部には、前身の一つである中小企業金融公庫から引き継がれた融資審査の「DNA」がある。「財務書類の精査」「経営者との対話」「現場に足を運ぶ」の三つだ。

中小公庫は戦後復興期の1953年(昭28)に通商産業省(現経済産業省)や大蔵省(現財務省)、日銀、日本興業銀行(現みずほフィナンシャルグループ)などの中小企業施策や金融の熟練者を迎え入れてスタートした。

中でも公庫の融資審査の基礎は、興銀中小工業部からの出向者が築き上げたという。彼らの指導で現場を回って、業歴や経営者、製品、設備、生産、収支・財政状況などの項目を手書きで書き込んだ「調書」が作成された。

日本公庫専務の黒田篤郎さんは現物の当時の調書を読み「書き手の人柄や社長とのやりとり、企業への思い入れが匂い立つような感じがした」という。こうしたDNAの中堅職員による発揮と若手職員への継承に力を注ぐ。

日本公庫は地域金融機関と連携し、協調融資を強化・拡充しているが、肝心なのは現場の「目利き力」。人工知能(AI)の融資審査がもてはやされる今だからこそ、「足」で書いた調書の厚みが増してくる。

(2018/9/27 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

未来の科学者との対話18
第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話18 第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい工作機械の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい工作機械の本 第2版

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

技術士第一次試験 
「電気電子部門」択一式問題200選
第6版

技術士第一次試験 「電気電子部門」択一式問題200選 第6版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

Journagram→ Journagramとは

PR

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる