[ オピニオン ]

産業春秋/ノーベル賞に見る異分野融合

(2018/10/10 05:00)

今年のノーベル賞受賞者が出そろった。京都大学の本庶佑(ほんじょ・たすく)特別教授が生理学医学賞を受賞し、日本中が熱気に包まれた。

自然科学3賞を振り返るといずれも生命科学に関わっている。生理学医学賞が免疫を利用したがん治療薬の開発への貢献、物理学賞は細胞をつまめるレーザー技術、化学賞は生物の進化の仕組みをまねた、たんぱく質の製造手法だ。

かつて学術分野は細分化されていた。今では融合が進み、生物学、物理学、化学という従来の分野の境界もあいまいになりつつある。今回の受賞はその典型例と言える。

1962年に生理学医学賞の受賞テーマとなったデオキシリボ核酸(DNA)の二重らせん構造の発見はまさに異分野融合だった。3人の受賞者のうちジェームズ・ワトソン氏は生物学者だが、フランシス・クリック氏やモーリス・ウィルキンス氏は物理学者だった。DNA二重らせん構造の発見はその後の分子生物学の発展に大きく寄与した。

従来では考えられなかった物事の組み合わせが新発見につながることは多い。研究分野に限らず、大学や企業の組織連携、政治世界の人材配置など思いもよらない組み合わせからブレークスルーが生まれるのではないだろうか。

(2018/10/10 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車メカニズムの基礎知識

きちんと知りたい! 電気自動車メカニズムの基礎知識

わかる!使える!ばね入門
<基礎知識><設計・選定><勘どころ>

わかる!使える!ばね入門 <基礎知識><設計・選定><勘どころ>

本当は、ずっと愚かで、はるかに使えるAI
近未来 人工知能ロードマップ

本当は、ずっと愚かで、はるかに使えるAI 近未来 人工知能ロードマップ

おもしろサイエンス 
もの忘れと記憶の科学

おもしろサイエンス もの忘れと記憶の科学

SEのための小売・サービス向けIoTの知識と技術
この一冊で儲かるシステムを提案できる

SEのための小売・サービス向けIoTの知識と技術 この一冊で儲かるシステムを提案できる

わかる!使える!放電加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!放電加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる