[ 商社・流通・サービス ]

【電子版】エールフランス機、東京都心上空を飛行 羽田離陸後に通常ルート外れる

(2018/10/11 17:30)

  • エールフランス293便と同型機のボーイング777-328/ER(16年5月、撮影=冨家邦裕)

 羽田発パリ行きのエールフランス機が8日深夜、離陸後に通常よりも内陸側の東京都心上空を飛行していたことが11日、国土交通省への取材で分かった。同省は同社に対し、事実関係や経緯の説明を求めている。

 同省の規則では、住宅地域への騒音を軽減するためなどとして、羽田空港を離陸後に高度210メートルまで上昇した後、できるだけ早く東へ旋回を始めるよう定めている。

  • 8日のエールフランス293便の飛行経路。羽田を離陸後、品川から国道1号に沿う形で皇居上空まで到達していることがわかる(「fligtradar24」より © 2018 Flightradar24 AB)

 同省によると、8日午後11時すぎに羽田を離陸したエールフランス293便(ボーイング777型機)はそのまま北上。通常、離陸後は比較的早くに東へ旋回して海上に出るが、この時は徐々に高度を上げながら、旋回せずに飛行を続けた。

 管制官は品川区の上空付近で旋回するよう指示。同機は指示に従い、旋回したものの都心上空を長く飛行することになったという。(時事)

(2018/10/11 17:30)

商社・流通・サービスのニュース一覧

おすすめコンテンツ

技術士第一次試験「機械部門」合格への厳選100問
第4版 合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験「機械部門」合格への厳選100問 第4版 合否を決める信頼の1冊!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい養殖の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい養殖の本

引き継がれる中小企業
後継者15人の「事業承継」奮闘物語

引き継がれる中小企業 後継者15人の「事業承継」奮闘物語

実務に役立つ 
販売士&販売スタッフ必携ポケットブック

実務に役立つ 販売士&販売スタッフ必携ポケットブック

シッカリわかる図面の解読と略図の描き方
機械図面の図形線をきちんと読み取って正しい略図を描く

シッカリわかる図面の解読と略図の描き方 機械図面の図形線をきちんと読み取って正しい略図を描く

製品設計者の手戻りをなくす 
プラスチック金型・成形 不良対策ファイル35

製品設計者の手戻りをなくす プラスチック金型・成形 不良対策ファイル35

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン