[ 政治・経済 ]

【電子版】米、臨界前核実験を実施 トランプ政権で初

(2018/10/11 18:00)

  • トランプ大統領はオバマ前政権時代の核軍縮方針を大きく転換、弾頭や核巡航ミサイルの開発を表明している(1日、ホワイトハウス=EPA時事)

【ワシントン=時事】米国が昨年12月、西部ネバダ州で核爆発を伴わない臨界前核実験を行っていたことが9日、米エネルギー省国家核安全保障局(NNSA)の報告書で明らかになった。臨界前核実験は1997年に始まって以来28回目で、トランプ政権下では初めて。

 報告書などによると、「ベガ」と命名された核実験は昨年12月13日、ネバダ核実験場の地下施設で実施された。化学爆薬をプルトニウムに向けて爆発させる方式。ただ、実際の核兵器より少量のプルトニウムを使うため、臨界質量には達せず、核爆発は起こらなかった。

  • 米国が昨年末に臨界前核実験を行っていたことを受け、最後の核実験からの日数が修正された地球平和監視時計(11日、広島市中区の平和記念資料館=時事)

 臨界前核実験は包括的核実験禁止条約(CTBT)で禁止される「核実験」には該当しない。NNSAは「プルトニウムの反応について、素晴らしく詳細なデータを提供した」と述べた。

 トランプ政権は2月に公表した「核態勢の見直し(NPR)」で、歴代政権が進めてきた核軍縮方針を大きく転換。爆発力の小さい低出力核弾頭や核巡航ミサイルの新規開発を表明した上、「地政学的問題が生じた時に備えて核実験を再開する態勢を維持する」と明記し、将来の核実験実施に含みを持たせた。

 オバマ前政権は計4回の臨界前核実験を実施。「核なき世界」を掲げる一方、保有核兵器の信頼性と安全性を維持するために臨界前核実験が必要だとの立場を示していた。

(2018/10/11 18:00)

政治・経済のニュース一覧

おすすめコンテンツ

技術士第一次試験「機械部門」合格への厳選100問
第4版 合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験「機械部門」合格への厳選100問 第4版 合否を決める信頼の1冊!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい養殖の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい養殖の本

引き継がれる中小企業
後継者15人の「事業承継」奮闘物語

引き継がれる中小企業 後継者15人の「事業承継」奮闘物語

実務に役立つ 
販売士&販売スタッフ必携ポケットブック

実務に役立つ 販売士&販売スタッフ必携ポケットブック

シッカリわかる図面の解読と略図の描き方
機械図面の図形線をきちんと読み取って正しい略図を描く

シッカリわかる図面の解読と略図の描き方 機械図面の図形線をきちんと読み取って正しい略図を描く

製品設計者の手戻りをなくす 
プラスチック金型・成形 不良対策ファイル35

製品設計者の手戻りをなくす プラスチック金型・成形 不良対策ファイル35

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン