[ 科学技術・大学 ]

【電子版】ロシアのソユーズ宇宙船、打ち上げ失敗 宇宙飛行士は緊急脱出

(2018/10/11 21:00)

  • カザフスタンのバイコヌール宇宙基地から打ち上げられるロシアのソユーズ宇宙船(11日、EPA時事)

原因究明まで有人宇宙飛行を中断

【モスクワ=時事】カザフスタンのバイコヌール宇宙基地から11日、ロシアのソユーズ宇宙船が打ち上げられたが、直後に異常が発生し、打ち上げに失敗した。国際宇宙ステーション(ISS)の交代要員として搭乗していた米国とロシアの宇宙飛行士2人は緊急脱出して無事だった。

 打ち上げ失敗を受け、ロシアは事故原因が明らかになるまで、すべての有人宇宙飛行を中断すると表明。国家委員会を設置し、事故原因の究明に当たる。日本など各国の有人飛行計画にも大きな影響が出そうだ。

  • カザフスタンのバイコヌール宇宙基地から打ち上げられたロシアのソユーズ宇宙船(11日、EPA時事)

2分後、第2段ロケットエンジン緊急停止

 インタファクス通信によると、打ち上げから約2分後に異常が発生し、2段目のロケットエンジンが緊急停止した。AFP通信によると、米航空宇宙局(NASA)は「第1段階の分離から数秒後に問題が起きた」と説明しており、1段目のロケットの分離に問題があった可能性がある。

 関係筋はインタファクス通信に対し、1段目ロケットのブースターの一つがうまく分離しなかったことで「2段目が方向性を失い、エンジンが緊急停止した」と明かした。

  • カザフスタンのバイコヌール宇宙基地で、ソユーズに搭乗する米国(右)とロシアの宇宙飛行士(11日、EPA時事)

 ソユーズはモスクワ時間午前11時40分(日本時間午後5時40分)に打ち上げられ、ISSに向かっていた。搭乗していたのはNASAのニック・ヘイグ飛行士とロシアのアレクセイ・オフチニン飛行士。異常を受け、宇宙船のカプセル部分が切り離されてカザフ領内に緊急着陸した。

 救助された飛行士2人はけがなどはないが、急激に降下したこともあり、体力を消耗したとみられる。2人はモスクワ郊外のガガーリン宇宙飛行士訓練センターに移送される。

(2018/10/11 21:00)

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

会社は生き返る
カリスマドクターによる中小企業再生の記録

会社は生き返る カリスマドクターによる中小企業再生の記録

わかる!使える!NC旋盤入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!NC旋盤入門 <基礎知識><段取り><実作業>

ムダをなくして利益を生み出す 
食品工場の生産管理
第2版

ムダをなくして利益を生み出す 食品工場の生産管理 第2版

あたらしいアンチエイジングスキンケア
食事、入浴、運動、睡眠からのアプローチ

あたらしいアンチエイジングスキンケア 食事、入浴、運動、睡眠からのアプローチ

わかる!使える!研削加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!研削加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

図解!本気の製造業「管理会計」実践マニュアル
経営カイゼン(コストダウン、在庫管理、原価計算)にしっかり取り組む

図解!本気の製造業「管理会計」実践マニュアル 経営カイゼン(コストダウン、在庫管理、原価計算)にしっかり取り組む

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン