[ 政治・経済 ]

【電子版】米国防総省、F35戦闘機の運用停止 墜落で全機体点検

(2018/10/12 12:00)

  • 米軍の強襲揚陸艦「ワスプ」から発艦する山口・岩国基地配備の最新鋭ステルス戦闘機F35B。現時点では320機5が世界15基地で稼働しているという(3月23日、沖縄県東方沖のフィリピン海=時事)

【ワシントン=時事】米国防総省は11日、先月下旬に米南部サウスカロライナ州で起きた最新鋭ステルス戦闘機F35の墜落事故を受け、国内外に展開する全てのF35の運用を一時停止すると発表した。初期調査の結果、エンジンの燃料管に不具合がある可能性が見つかったため、全機体の検査を実施する。

 声明によると、検査は今後24-48時間以内に行われ、問題が見つかった機体については燃料管を交換するなどの措置を取る。「問題がない機体はこれまで通り運用する」という。

 F35は米国など9カ国が共同開発した「第5世代機」で、高いステルス機能を持つ。先月28日に墜落したF35Bは海兵隊仕様の機体で、短距離離陸と垂直着陸が可能。F35Bは米軍岩国基地(山口県)にも配備されたほか、佐世保基地(長崎県)を拠点とする米海軍の強襲揚陸艦「ワスプ」でも運用されている。

(2018/10/12 12:00)

政治・経済のニュース一覧

おすすめコンテンツ

わかる!使える!3Dプリンター入門
<基礎知識><段取り><業務活用>

わかる!使える!3Dプリンター入門 <基礎知識><段取り><業務活用>

わかる!使える!油圧入門
<基礎知識><段取り><回路設計>

わかる!使える!油圧入門 <基礎知識><段取り><回路設計>

PPP-PFI事業提案書の作り方 
プロが教える 発注者に評価されるテクニック

PPP-PFI事業提案書の作り方  プロが教える 発注者に評価されるテクニック

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいブロックチェーンの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいブロックチェーンの本

公共IoT
地域を創るIoT投資

公共IoT 地域を創るIoT投資

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいアルゴリズムの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいアルゴリズムの本

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン