[ 環境・エネルギー ]

【電子版】九電、13日に「出力抑制」実施へ 太陽光停止要請、広域では国内初

(2018/10/12 18:00)

  • 九電管内での太陽光発電の接続は7月末時点で803万kW。中でも5月3日には太陽光の出力が需要の8割を占めた(16年8月、北九州市)

 九州電力は12日、太陽光の発電事業者に対し、発電の一時停止を求める「出力制御」を13日に実施すると発表した。電力の供給が需要を上回り、大規模停電が起こるのを回避する。停止要請は、離島を除き、国内で初めてとなる。

 九州地方では13日は晴天が見込まれ、太陽光の発電量が急増すると予想される。一方、秋の過ごしやすい季節で冷房の利用が減る中、土曜日で工場などの稼働が少ないため、電力使用量は平日に比べ大幅に減少する。

 電力供給が需要を上回り、需給バランスが崩れれば、大規模停電の原因となる。出力制御により、過剰な発電を抑え、需給バランスを維持する。

 九電によると、制御するのは午前9時から午後4時。余剰電力がピークに近い午後1時の需給予想では、揚水発電や他地域への送電に使う電力を含めた総需要は1250万キロワット。これに対し、制御しない場合の供給力は1293万キロワットになる。

 余剰の43万キロワット分について、九電は12日、契約している太陽光発電約2万4000件のうち、9759件に出力制御を要請した。同社は13日朝の最新の気象データを基に、最終的に制御する量を確定するとしている。

 記者会見した九電の和仁寛・電力輸送本部部長は「(需給バランス確保のため)火力発電を抑制するなど総動員している」と説明。長期的な見通しについては「春や秋、年末年始、連休に実施する可能性は否定できない。事業者間の公平性を確保していく」と述べた。(時事)

(2018/10/12 18:00)

環境・エネルギーのニュース一覧

おすすめコンテンツ

わかる!使える!品質改善入門
<基礎知識><段取り><実践活動>

わかる!使える!品質改善入門 <基礎知識><段取り><実践活動>

熱設計を考慮したEMC設計の基礎知識

熱設計を考慮したEMC設計の基礎知識

未来の科学者との対話17
第17回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話17 第17回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

中小工場のためのIoT構築入門
低コストで簡単にシステムをつくる

中小工場のためのIoT構築入門 低コストで簡単にシステムをつくる

わかる!使える!工業塗装入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!工業塗装入門 <基礎知識><段取り><実作業>

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン