[ オピニオン ]

社説/ロボットの導入や開発 支援をもっと積極的に進めよ

(2018/10/17 05:00)

農業や食品、外食、サービス、介護など、ロボット導入が難しいとされてきた分野で、商品開発が相次いでいる。半導体や自動車などの製造業分野に比べ、これらの分野は自動化への取り組みが遅れており、生産性が低く、パートや外国人労働力に頼らざるを得ない面も多かった。ロボ導入はこうした人手不足の状況を改善すると同時に、日本全体の産業競争力を高める起爆剤となる。バブル崩壊から約20年“失われた日本優位”を取り戻すためにも、政府は導入や開発への支援をもっと進めてもらいたい。

農業分野では、自動飛行ができる飛行ロボット(ドローン)の開発が進み、規制緩和の問題を別にすれば無人トラクターやコンバインの導入も視野に入っている。食品では総菜や和菓子など、ロボ導入が遅れていた部門でも商品開発が進み、切り身パック魚の骨を自動で抜き取るロボも登場。外食ではめんのゆであげやてんぷら調理、パスタ、コーヒーなどの食材で飲食店や流通系ロボット化が進む。

農産物や食品にとって、競争力の大きな決め手になるのが“価格”だ。居酒屋では1品298円の値段を320円にしたとたんに、客足が激減する。500円以下で食べられるワンコインランチも同様だ。上限価格帯の中で客購買をつなぎ止めようと、各社は生き残りのため必死の努力を重ねてきた。だが、ここを襲っているのが原料費と人件費の上昇だ。ここで値上げをすれば客離れを招くし、だからといってコストダウンをこれ以上、進める余地はない。

ロボ導入はこうした悪循環を断ち切る可能性を秘める。食材の下ごしらえや後片付け、重量物運搬など重労働職種をロボに代替できれば、人間はその分をサービスや品質向上に回す余裕が生まれる。社員が休日を増やすゆとりもできる。有能な人材確保のためロボ化は必須だ。

きょうから東京ビッグサイト(東京・有明)で、「ワールド・ロボット・サミット(WRS)2018」が開かれる。ここではロボットの可能性を身近に体験できる。

(2018/10/17 05:00)

総合4のニュース一覧

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる