[ オピニオン ]

産業春秋/人繊工業発祥の地

(2018/10/24 05:00)

「為(な)せば成る…」の格言で知られる名君・上杉鷹山の座像が建つ山形県米沢市の松が岬公園。すぐ隣には人絹(レーヨン)の研究開発に取り組んだある研究者の銅像が建つ。つい最近までその存在に気がつかなかった。

市内にある旧米沢高等工業学校(現山形大学工学部)の門をくぐったであろう研究者の一人が秦逸三。銅像の人物だ。1912年(明45)に赴任した秦は、ビスコース法と呼ぶ方法による人絹製造の研究をここで進めた。

神戸の商社、鈴木商店の資金提供を受けて、秦らは人絹の製造技術を磨いた。国産化のめどをつけた18年(大7)には米沢に「帝国人造絹絲」が誕生した。今年創業100周年を迎えた帝人の前身である。

説明によると、秦の銅像は帝人三原事業所(広島県三原市)に長くあったが、2015年に帝人より同市に寄贈されたそうだ。先月、米沢で開かれた「帝人100周年記念米沢イベント」の会場を銅像は見つめていた。

日本における「人繊工業発祥の地」である米沢。先のイベントでは「ツクロウ 次の100年。」を呼び掛けた。果たして100年後にはどんな産業が地域で生まれるのだろう。秦の姿を眺めつつ、ともに考えてみてはいかがでしょうか。

(2018/10/24 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる