[ トピックス ]

第14回企業力ランキング/NTT、初の首位 通信躍進、トップ10に3社

(2018/10/29 05:00)

  • 前回2位だったNTTが初めてトップに立った

日刊工業新聞社は主要上場企業を対象とした「第14回企業力ランキング」(経済産業省後援)の結果をまとめた。NTTが総合得点で81.8を獲得し、初めて首位に輝いた。2位はJTが続き、旧公社が1、2位になった。トヨタ自動車は3位で、5年ぶりに首位の座を譲った。5位はNTTドコモ、7位にKDDIと通信系3社が10位以内に入った。総合得点の平均点は35.2(前回34.6)という結果になった。

【関連リンク】第14回企業力ランキング/経営改革“道しるべ”に(2018/10/29)

【関連リンク】2018企業力ランキングに見る/SDGs取り組み加速 報告書作成は3割(2018/11/8)

この調査は、産業界の模範となる「真に力のある企業」を選ぶことが目的。ランキングは、アンケートに基づく定性評価と直近3期の業績に基づく定量評価(収益性・安定性)を合わせて総合的に評価する。これによって、業績だけでは把握が難しい“真に力のある企業”を選出している。

今回は総合得点の平均が製造業34・8(前回34・5)、非製造業が37・0(同35・1)だった。全業種平均でアンケートは20・4(同20・5)、収益性は9・1(同8・8)、安定性は5・7(同5・3)と高水準を維持した。業績の背景には、第1四半期(4―6月)の為替相場が月平均で1ドル=110円を割る円高傾向があり、輸出型の自動車はトヨタ、ホンダ、日産自動車とも順位を落とした。一方、NTTドコモは前年13位、KDDIは同12位から順位を上げた。

調査は三菱UFJリサーチ&コンサルティング(東京都港区)と共同で実施した。アンケート式で、6月時点の上場企業のうち、金融関連を除く主要1059社を対象とし、248社から回答を得た。

(2018/10/29 05:00)

関連リンク

トピックスのニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいボイラーの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいボイラーの本

シッカリ学べる! 
照明系・投光系光学設計の基礎知識

シッカリ学べる! 照明系・投光系光学設計の基礎知識

事故事例から学ぶ 
材料力学と強度設計の基礎

事故事例から学ぶ 材料力学と強度設計の基礎

<新版>【松原流】戦略マップ/BSCとOKRの連携教本
双方の強みを活かしたビジネスモデル・イノベーション

<新版>【松原流】戦略マップ/BSCとOKRの連携教本 双方の強みを活かしたビジネスモデル・イノベーション

例題練習で身につく 
技術士第二次試験論文の書き方 第5版
2019年度改正<選択科目と必須科目の論文>対応!

例題練習で身につく 技術士第二次試験論文の書き方 第5版 2019年度改正<選択科目と必須科目の論文>対応!

図解よくわかる 
電車線路のはなし 第2版

図解よくわかる 電車線路のはなし 第2版

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン