[ ICT ]

【電子版】アップル、iPadとMacBookの新機種 NYで30日発表へ

(2018/10/30 14:00)

  • 16年に発表されたタッチバー搭載MacBook Pro(16年10月、カリフォルニア州クパチーノ=ブルームバーグ)

 米アップルは「iPhone(アイフォーン)」の陰に隠れた2つの製品ラインで待望のアップグレードを行う。同社は30日、ニューヨーク市ブルックリンでパソコン(PC)「Mac(マック)」とタブレット「iPad(アイパッド)」の新機種発表会を開催する。

 イベントのテーマは「メーキング(作る)」で、会場はブルックリン・アカデミー・オブ・ミュージック(BAM)。アップルによる両製品の販売てこ入れ策を知る手掛かりとなる。

 マックとアイパッドはアイフォーンに比べ、スクリーンやキーボードが大きく、ソフトウエアの用途も広く、処理速度も速い。こうした機能は特に、グラフィックスやウェブサイトの作成や映画編集、楽曲製作に携わる人々には便利で、マックの場合はソフト開発者にも役に立つ。

  • アップルの新機種発表イベントが開催されるブルックリン・アカデミー・オブ・ミュージック。外壁にアップルのマークが飾られている(10月26日、NY=ブルームバーグ)

 事情に詳しい複数の関係者によると、30日の発表会で最大のニュースは、顔認証機能と新しい充電ポート、USB-Cコネクターを搭載した新型「iPad Pro(アイパッド・プロ)」と、「MacBook Air(マックブック・エア)」の後継となる新型ノート型PC、プロユーザー向けの新型「Mac mini(マック・ミニ)」だという。関係者は未発表製品だとして匿名を条件に明らかにした。アップルの広報担当はコメントを控えた。

 マイクロソフトの「サーフェス・プロ」と競い合うアイパッド・プロは2015年に発売されて製品で、今回のアップグレードはそれ以来最も重要なものになりそうだ。サーフェス・プロは着脱可能なキーボードとスタイラスペンをサポートする大型タブレットを求めるビジネスユーザーの間で支持を集めた。

 アイパッド・プロは比較的大画面でカメラ性能や処理速度が高く、高価格設定であることから、売上高の伸びを支えている。(ブルームバーグ)

(2018/10/30 14:00)

ICTのニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいアルゴリズムの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいアルゴリズムの本

機械設計者の基礎技術力向上 
図解力を鍛えるロジカルシンキング
~「空間認識力モチアゲ2 演習編」~

機械設計者の基礎技術力向上 図解力を鍛えるロジカルシンキング ~「空間認識力モチアゲ2 演習編」~

わかる!使える!鋳造入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!鋳造入門 <基礎知識><段取り><実作業>

原子力年鑑2019

原子力年鑑2019

わかる!使える!TPM入門
<基礎知識><段取り><実践活動>

わかる!使える!TPM入門 <基礎知識><段取り><実践活動>

技術大全シリーズ 
切削加工大全

技術大全シリーズ 切削加工大全

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン