[ オピニオン ]

社説/JIMTOF2018開幕 工作機械IoT化で世界一を目指せ

(2018/11/1 05:00)

きょう、東京・有明の東京ビッグサイトで開幕する「第29回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2018)」では、出展機300台以上がIoT(モノのインターネット)でつながれる。稼働や生産の情報をモニター表示し、会場に工場を再現するという。実機でもIoT化も進め、日本の工作機械メーカーはIoTの有効活用で世界一を目指してほしい。

IoT化で期待されるのが、故障の予兆検知だ。インターネット経由で顧客の工作機械の稼働データを集めて分析することで、故障発生が近いと判断できる。顧客はトラブル発生前に修理ができるので、故障による予期せぬ操業停止を回避できる。

日本メーカーはサービス力に定評がある。代理店とともに、故障があるとすぐ駆けつけられるサービス網を整えた。日本からの輸出が少ないアフリカにも交換部品の在庫を持つメーカーがあったほどだ。IoTの活用次第では、海外ユーザーに同質のサービスを提供可能だ。

IoTは顧客への技術支援も高度化する。以前から工作機械や工具メーカーと一緒に先端加工技術を研究し、ユーザーに提供してきた。IoTで加工状況の詳細がデータ化されるので、スピーディーで適切な助言ができ、ユーザー満足度が高まる。

地道なサービス、技術支援があったからこそ、日本の業界は何度も苦境を乗り越えてきた。10年前の08年10月の受注額は好況の目安とされる月間1000億円を4年半ぶりに割り、11月は500億円台に急降下。09年1月は190億円台と、比較可能な統計がある88年1月以降で初めて200億円を割った。

発端はリーマン・ショックだった。需要が“蒸発”したが、国内に100社近くある工作機械メーカーに目立った破綻はなく、業界は復活を遂げた。

IoTの実装だけを目的にせず、“DNA”と呼べるサービス、技術支援を磨くツールとしてIoTを活用してほしい。6日までの会期中、JIMTOF2018には15万人の来場を見込む。顧客がIoTに求めるニーズを聞く機会だ。

(2018/11/1 05:00)

総合4のニュース一覧

おすすめコンテンツ

クリーンルームにおける静電気対策

クリーンルームにおける静電気対策

金属材料の疲労破壊・腐食の原因と対策
原理と事例を知って不具合を未然に防ぐ

金属材料の疲労破壊・腐食の原因と対策 原理と事例を知って不具合を未然に防ぐ

2021年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修問題300

2021年度版 技術士第一次試験 「建設部門」受験必修問題300

モノづくり中部 技術・技能自慢 2021年版

モノづくり中部 技術・技能自慢 2021年版

関西・中国・四国で愛されている長寿企業2021
社会と経済の発展に貢献してきた秘密に迫る

関西・中国・四国で愛されている長寿企業2021 社会と経済の発展に貢献してきた秘密に迫る

令和時代を切り拓く! 
日本のリーディングカンパニー【関西・中国・四国編】

令和時代を切り拓く! 日本のリーディングカンパニー【関西・中国・四国編】

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる