[ オピニオン ]

産業春秋/米中間選挙

(2018/11/8 05:00)

米国の中間選挙の結果、上院は与党共和党が過半数を維持、下院は野党民主党が8年ぶりに過半数を奪還して“ねじれ現象”となることが決まった。2年後の再選を目指すトランプ大統領にとっては厳しい結果といえよう。

中間選挙は大統領選に比べて関心度が低くなる傾向にあった。しかし、今回は接戦が予想される州でオバマ前大統領が民主党の応援演説に登場したり、世界的な人気女性歌手のテイラー・スウィフトさんが若者に投票を呼びかけたりしたため、投票率が飛躍的に高まった。

議会がねじれ現象になると、トランプ大統領はこれまでのような米国第一主義での政策運営が困難になるのは確実。それだけでなく、ロシア疑惑を追及する民主党が勢いづき、大統領の弾劾手続きに向けた動きが加速する可能性もある。

選挙結果は厳しいものになったが、トランプ大統領は民主党との対決姿勢を変える気はないようだ。議事の進行が遅れたら、ねじれのせいにすることもできる。

国内で思い通りの政策運営ができなくなった場合、外交面で点数稼ぎしようと考えるのではないだろうか。中国や日本に対し、貿易赤字削減への強硬な姿勢を取ることが危惧される。トランプ大統領の出方に注目したい。

(2018/11/8 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

Journagram→ Journagramとは

PR

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる