[ オピニオン ]

社説/千代田化工の経営危機 海外工事で巨額損失、克服の手本に

(2018/11/13 05:00)

エンジニアリング大手の千代田化工建設が、米国の液化天然ガス(LNG)工事の採算悪化で経営危機に陥っている。足元の受注環境は悪くないだけに、難局を突破してほしい。

同社の2018年4―9月期決算は当期損益が1086億円の赤字(前年同期は34億円の黒字)に転落。3月末に37・5%だった自己資本比率は9月末には12・7%に急落し、決算短信には企業の存続に疑義が生じたことを示す「継続企業の前提に関する注記」を記載した。

千代田化工といえば日揮、東洋エンジニアリングと並ぶ“エンジ御三家”の一角。1970年代に中東で最初のLNGプラントを建設以来、世界各地で実績を積み、世界シェア4割というLNGプラントのリーディングコントラクターだ。2009年には当時世界最大のカタールのLNGプラント建設が評価され、エンジ領域から初めて第3回ものづくり日本大賞の経済産業大臣賞を受賞した。

しかし今回は米ルイジアナ州のキャメロンLNGプロジェクトで現場作業員の生産性低下や賃金高騰などが重なり、巨額損失に追い込まれた。

同社は1996―97年度に連続して500億円超の当期赤字を計上。98年度も赤字決算という経営危機を経験した。この時は三菱商事などの支援を受け、正社員3500人を1100人まで削減する構造改革を断行。その後、2008年に三菱商事の傘下に入った。

今回の巨額損失に対しては販売・管理費約2割を削減すると同時に三菱商事に支援を要請。また山東理二社長をトップとする対策チームや戦略・リスク統合本部の新設、第三者による受注案件監査などで、巨額損失を防止する措置を講じるという。

海外プラント事業が予想外の不採算に陥るケースは、原子力発電所工事で苦しんだ東芝をはじめ多くの例がある。しかし、こうしたリスクは日本企業がインフラ事業を広げていく上で、乗り越えなければならない課題だ。千代田化工と関係者が結束して、難局克服の手本になることを期待する。

(2018/11/13 05:00)

総合4のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

未来の科学者との対話18
第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話18 第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい工作機械の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい工作機械の本 第2版

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

技術士第一次試験 
「電気電子部門」択一式問題200選
第6版

技術士第一次試験 「電気電子部門」択一式問題200選 第6版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

Journagram→ Journagramとは

PR

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる