[ オピニオン ]

産業春秋/ノンストップ列車の復活

(2018/11/15 05:00)

休日、自宅のある大阪から京都に行く時は京阪電鉄を使う。大阪・京橋―京都・七条間の途中駅をすべて通過する快速特急に乗るためだ。44キロメートルに及ぶノンストップ体験に「乗り鉄」ならずともワクワクする。

二十数年前の京都での学生時代、電車で大阪に行くのは常に楽しみだった。JRの新快速の停車駅は京都、新大阪、大阪だけで、阪急京都線の特急も京都・大宮の次は大阪・十三まで停まらなかった。当時の京阪特急の七条―京橋間を含め、どの路線を選んでも途中を全部すっ飛ばす独特の高揚感があった。

約10年前、縁あって再び京都で暮らした。京阪特急は七条―京橋間で途中、4駅も停まるようになり、阪急特急の停車駅は昔の急行並みに増えた。JR新快速も停車駅が多くなり、かつての高揚感はもう味わえないと残念に思った。

その後、京阪は「洛楽」、阪急は「京とれいん」と称する快速特急の運行を開始。主に休日に本数限定で走るため乗れる機会は限られるが、形を変えたノンストップの復活は朗報だった。

秋が深まり、もうすぐ紅葉狩りの季節。沿線の紅葉スポットの見頃情報を示した恒例のポスターが各駅に掲示され始めた。紅葉と高揚をともに楽しめる週末が続きそうだ。

(2018/11/15 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

バーチャル・エンジニアリングPart3 
プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

バーチャル・エンジニアリングPart3 プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる