[ 自動車・輸送機 ]

【電子版】米ボーイング、737MAXで航空各社と緊急電話会議へ

(2018/11/20 12:00)

  • 米ボーイングは20日に、737MAXの新安全機能などについて運航各社に説明するという(ボーイング提供)

 米ボーイングは同社の旅客機737MAXを運航する航空各社との電話会議を20日に開催し、インドネシアで墜落事故を起こした同型機に関する質疑応答を行うと、事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

 部外秘であることを理由に関係者1人が匿名で語ったところでは、これによりボーイングは同じ論点に関し個々の対話を幾度も繰り返すのではなく、一度にまとめて質問に応じることが可能になる。同社はまた、737シリーズの最新機種MAXと次世代モデル「NG」の相違についても説明する。

 航空各社にとって今回の電話会議はMAXの失速防止機能についてさらなる詳細を求める機会となる。同機能は10月29日にジャカルタ近くのジャワ海に墜落したライオンエア610便の事故を巡り原因究明を目指す捜査当局の焦点の1つ。ボーイングは事故前、そうした安全システムが限られた状況で自動的に作動して機首が下がる場合があることを広く開示していなかった。

 MAXを運航している航空会社はサウスウエスト航空やアメリカン航空グループ、ノルウェー・エアシャトル、ユナイテッド・コンチネンタル・ホールディングスなど。ボーイングは電話会議の開催について確認を控えている。(ブルームバーグ)

(2018/11/20 12:00)

自動車・輸送機のニュース一覧

おすすめコンテンツ

わかる!使える!3Dプリンター入門
<基礎知識><段取り><業務活用>

わかる!使える!3Dプリンター入門 <基礎知識><段取り><業務活用>

わかる!使える!油圧入門
<基礎知識><段取り><回路設計>

わかる!使える!油圧入門 <基礎知識><段取り><回路設計>

PPP-PFI事業提案書の作り方 
プロが教える 発注者に評価されるテクニック

PPP-PFI事業提案書の作り方  プロが教える 発注者に評価されるテクニック

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいブロックチェーンの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいブロックチェーンの本

公共IoT
地域を創るIoT投資

公共IoT 地域を創るIoT投資

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいアルゴリズムの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいアルゴリズムの本

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン