[ トピックス ]

日本産業広告賞/大賞のコマツ、林業にIoT 巧みに訴求

(2018/11/21 05:00)

  • 歓談する受賞者ら

日本産業広告賞で日刊工業新聞広告大賞を受賞したコマツは、林業にIoT(モノのインターネット)が活用されていることを巧みに訴求した。生い茂る木々が印象的だが、広告に埋め込まれた2次元コード「QRコード」を読み取ると、伐採の動画を見られるようにした。作業現場のデータを基に林業機械が伐採すべき木を特定し、丸太に加工する様子を分かりやすく紹介する。藤塚主夫副社長は「コマツのイメージを少しでも変え、ESG(環境・社会・企業統治)に取り組んでいることを理解してもらうのが狙い」と説明した。

新聞部門第1部第3席と第2部第1席を受賞したNECの中山啓二理事は「若手の担当者を中心に思い入れが強い広告を製作できた。今後も表現力を養っていく」と意気込みを示した。人工知能(AI)による映像解析技術をダイナミックに表現したことなどが高い評価を得た。

三木プーリは錆びない機械部品の広告で同部門第3部第1席を受賞した。西郷隆盛とその愛犬の銅像をモチーフにした内容で、愛犬に主眼を置いた意外性が評価された。三木康治社長は「機械の広告であることにこだわりすぎず、シンプルで分かりやすい表現を追求したことが評価され、うれしい」と語った。

同部門第4部第1席を受賞した日立建機は「顧客と一緒にソリューション(解決策)を形にする日立建機らしさを伝えていく」(ブランド・コミュニケーション本部)としている。

(2018/11/21 05:00)

トピックスのニュース一覧

おすすめコンテンツ

わかる!使える!3Dプリンター入門
<基礎知識><段取り><業務活用>

わかる!使える!3Dプリンター入門 <基礎知識><段取り><業務活用>

わかる!使える!油圧入門
<基礎知識><段取り><回路設計>

わかる!使える!油圧入門 <基礎知識><段取り><回路設計>

PPP-PFI事業提案書の作り方 
プロが教える 発注者に評価されるテクニック

PPP-PFI事業提案書の作り方  プロが教える 発注者に評価されるテクニック

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいブロックチェーンの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいブロックチェーンの本

公共IoT
地域を創るIoT投資

公共IoT 地域を創るIoT投資

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいアルゴリズムの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいアルゴリズムの本

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン