[ 自動車・輸送機 ]

【電子版】米ウェイモ、自動運転タクシー「Waymo One」商用化 アリゾナ州フェニックスで

(2018/12/6 14:00)

  • ウェイモの自動運転試験車(FCAのパシフィカHV、ウェイモ提供)

  • アプリに乗車場所、目的地を登録。ウーバーなどの配車アプリと同じ感覚で利用できる(ウェイモ提供)

  • 乗車中はアプリでも走行ルートや到着時間、残り所要時間などの詳細を確認できる(ウェイモ提供)

【シリコンバレー=時事】米グーグル系で自動運転開発を手掛けるウェイモは5日、アリゾナ州フェニックスで、利用者から料金を徴収する自動運転車の配車サービス「ウェイモ・ワン」の開始を発表した。2009年にグーグル社内で始まったプロジェクトは商用化の段階に入った。

 利用者はスマートフォンの専用アプリをダウンロードし、クレジットカードを登録。目的地までの料金や到着予想時刻を事前に確認でき、使い方はウーバー・テクノロジーズなどの配車アプリと近い。

 当初は、公道試験に参加した地域住民数百人を対象とし、緊急時に運転操作する要員が同乗する。車両は欧米自動車連合フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)のミニバンを使用。最大で大人3人と子ども1人が乗車可能で、車は24時間いつでも呼び出せる。

 ウェイモは16年にグーグルから分社し、持ち株会社アルファベット傘下の事業会社として発足。自動運転車による公道試験の走行距離は累計1000万マイル(約1600万キロメートル)を超えている。

(2018/12/6 14:00)

自動車・輸送機のニュース一覧

おすすめコンテンツ

わかる!使える!3Dプリンター入門
<基礎知識><段取り><業務活用>

わかる!使える!3Dプリンター入門 <基礎知識><段取り><業務活用>

わかる!使える!油圧入門
<基礎知識><段取り><回路設計>

わかる!使える!油圧入門 <基礎知識><段取り><回路設計>

PPP-PFI事業提案書の作り方 
プロが教える 発注者に評価されるテクニック

PPP-PFI事業提案書の作り方  プロが教える 発注者に評価されるテクニック

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいブロックチェーンの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいブロックチェーンの本

公共IoT
地域を創るIoT投資

公共IoT 地域を創るIoT投資

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいアルゴリズムの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいアルゴリズムの本

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン