[ 政治・経済 ]

【電子版】中国初の原子力空母、25年ごろ進水 地元紙報道

(2018/12/6 16:00)

  • 中国初の空母「遼寧」(17年7月、香港沖=AFP時事)

【北京=時事】6日付の中国共産党機関紙・人民日報系の環球時報英語版は、2人の軍事専門家が「2025年ごろに中国初の原子力空母が進水する」という見解を示したと伝えた。2人は中国が30~35年に計5、6隻の空母を保有し、うち2隻が原子力空母になると予測した。

 中国は、旧ソ連製の船体を改修した初の空母「遼寧」と、来年にも就役する見通しの初の国産空母の計2隻を現在保有している。いずれも動力は通常型で、3隻目については国営新華社通信が先月25日に「建造中」と初めて報じた。3隻目の空母や将来の空母建造計画に関し、中国軍や国防省は明らかにしていない。

 空母は保守点検を定期的に行わなければならず、米国のように空母を中心に駆逐艦や潜水艦などで構成する空母打撃群を常時運用するには3隻の空母を保有する必要があるとされる。専門家の見方通りであれば、中国は30年代に原子力空母を軸として二つの空母打撃群の常時運用実現を目指していることになる。

 習近平指導部は海洋権益の拡張と国威発揚のために空母建造を急いできた。ただ、香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポストは先月、トランプ米政権との関係が悪化する中、米国をこれ以上刺激することを避けるため、4隻目の空母建造が延期されたと報じている。

(2018/12/6 16:00)

政治・経済のニュース一覧

おすすめコンテンツ

わかる!使える!放電加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!放電加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!ダイカスト入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!ダイカスト入門 <基礎知識><段取り><実作業>

リチウムイオン二次電池の性能評価
長く安全に使うための基礎知識

リチウムイオン二次電池の性能評価 長く安全に使うための基礎知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電車の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電車の本

写真で見る鋼管平面ビーム実用化の話
次世代の電車線路用ビーム

写真で見る鋼管平面ビーム実用化の話 次世代の電車線路用ビーム

わかる!使える!ねじ入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!ねじ入門 <基礎知識><段取り><実作業>

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる