[ オピニオン ]

産業春秋/逢う魔が時

(2018/12/11 05:00)

車を約10年ぶりに買い替えた。燃費の改善にも驚いたが大きな変化は安全機能だ。車線逸脱防止や自動ブレーキなどは、こちらが認識していて意図的にする運転に「ピピピッ」と鳴るのには閉口するが、システムは少々おせっかいなぐらいがちょうど良い。

年末年始の準備でせわしい12月は年間で最も交通事故が多い月だ。時間帯のピークは通勤や通学で人が多く動く朝夕にあり、中でも死亡事故が突出するのが17時台から18時台。昼と夜が入れ替わる時間帯はドライバーが歩行者や自転車を認識しにくくなる。

古来、魔が蠢(うごめ)き始めると言われた「逢う魔が時」も「暮れ六つ」や「酉の刻」ともいい現在の18時頃。人の活動的な働きを支える交感神経とリラックスさせる副交感神経が切り替わるタイミングも夕方だとか。

災いを避けるようとの警告にも聞こえる逢う魔が時はまた、人生においても存在する。せわしなさか、世間を認知する目の曇りか。今年も大企業の不祥事が相次いだ。

役職員のコンプライアンス(法令順守)意識の徹底はもちろん重要だが、環境や心身の揺らぎに影響されない人は多くはない。車の安全機能なみに、おせっかいなほどの装置で二重三重に防ぐシステムが必要だ。

(2018/12/11 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

未来の科学者との対話18
第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話18 第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい工作機械の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい工作機械の本 第2版

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

技術士第一次試験 
「電気電子部門」択一式問題200選
第6版

技術士第一次試験 「電気電子部門」択一式問題200選 第6版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい冷凍空調技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい冷凍空調技術の本

Journagram→ Journagramとは

PR

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる