[ オピニオン ]

産業春秋/二宮金次郎からの警鐘

(2018/12/18 05:00)

「二宮尊徳(金次郎)」と言うと、皆さんはどういったことをイメージするだろう。尊徳の実像はほとんど知られていない。「薪を担いで読書をし続け、勤勉に働き、立派な人になった。死後、明治天皇から従四位(じゅしい)を贈られた」ことぐらいだ。

実は課題解決型の金融業者で、600を超える個人、農村、そして藩を立て直した。その偉業をたたえ、爵位が贈られた。生活困窮層や農村を立て直した尊徳の手法は、「報徳仕法(ほうとくしほう)」と呼ばれる。

逸話がある。ある女中から個人的な生計を頼まれた尊徳は、まず低利で融資をした。そして、女中が飯炊きで使う薪を通常の5本でなく、木炭の再利用などの薪の有効活用など業務効率化で3本で済ませるよう提案。節約した2本を尊徳が買い上げる。女中は節約分の2本で得た金銭を貯め、借金返済とその後の資産形成が叶ったという。

さらに蓄財が始まった人々から尊徳は資金を借り入れ、生活困窮者や経営破綻状態にある農村を救済する元手とした。もちろん利息をつけて返済した。

報徳仕法とは、好循環の経済活動をつくりだす考え方だ。担保と保証に依存する現在の金融機関とは一線を画す。地域経済の持続可能性を見据えた尊徳からの警鐘が鳴り響く。

(2018/12/18 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

図解!わかりやすーい強度設計実務入門
基礎から学べる機械設計の材料強度と強度計算

図解!わかりやすーい強度設計実務入門 基礎から学べる機械設計の材料強度と強度計算

必携「からくり設計」メカニズム定石集 Part2
―図でわかる簡易自動化の勘どころ―

必携「からくり設計」メカニズム定石集 Part2 ―図でわかる簡易自動化の勘どころ―

設計の業務課題って、どない解決すんねん!
上司と部下のFAQ 設計工学編

設計の業務課題って、どない解決すんねん! 上司と部下のFAQ 設計工学編

単位操作を理解して生産性を向上! 
食品工場の生産技術

単位操作を理解して生産性を向上! 食品工場の生産技術

機械製図CAD作業技能検定試験1・2級実技課題と解読例 第3版
平成29年度、平成30年度、令和元年度試験の過去3年分を解説

機械製図CAD作業技能検定試験1・2級実技課題と解読例 第3版 平成29年度、平成30年度、令和元年度試験の過去3年分を解説

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる