[ 商社・流通・サービス ]

【電子版】自宅をゲーセンに!タイトー、業務用の4分の3サイズ 家庭用ゲーム機を発売

(2018/12/22 12:00)

タイトーが発売を開始した家庭用ゲーム機。左はタレントの南明奈さん(20日、時事)タイトーが発売を開始した家庭用ゲーム機。左はタレントの南明奈さん(20日、時事)

 ゲームセンター運営のタイトーは、業務用ゲーム機より一回り小さいサイズの家庭用ゲーム機を21日から発売を始めた。1978年に発表して大人気となり、今年40周年を迎えた「スペースインベーダー」などが遊べる計6種類のゲーム機を販売する。

 家庭用は業務用の4分の3の大きさで、高さ約116センチ、横幅は約48センチメートル。9月の東京ゲームショウに出展し、先行予約の受け付けを始めたところ、2日間で用意していた約1000台が売り切れたという。「パックマン」「ギャラガ」などのゲーム機もそろえた。

 筐体は組み立てキット方式で、サイズは幅48.3センチ×奥行き58.4センチ×高さ116.3センチメートル。重量は約25キログラム。消費税込みの価格は1台6万2640円。

 東京都内で行われた発売記念イベントでは、タレントの南明奈さんが製品をプレーし、「部屋に置いてもかわいい。自宅がゲームセンターになるなんて最高」と笑顔を見せた。(時事)

(2018/12/22 12:00)

商社・流通・サービスのニュース一覧

おすすめコンテンツ

技術大全シリーズ 
ドライプロセス表面処理大全

技術大全シリーズ ドライプロセス表面処理大全

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいゲノム編集の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいゲノム編集の本

おもしろサイエンス 
地形の科学

おもしろサイエンス 地形の科学

太陽光発電のスマート基幹電源化
IoT/AIによるスマートアグリゲーションがもたらす未来の電力システム

太陽光発電のスマート基幹電源化 IoT/AIによるスマートアグリゲーションがもたらす未来の電力システム

バルセロナのパン屋にできた リーン現場改革

バルセロナのパン屋にできた リーン現場改革

SDGs経営
“社会課題解決”が企業を成長させる

SDGs経営 “社会課題解決”が企業を成長させる

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン