[ オピニオン ]

産業春秋/平成最後の賀詞交歓会

(2019/1/9 05:00)

産業界の新春賀詞交歓会。一番の話題は10月に予定される消費増税だ。とはいえ経済が総じて堅調なことから「多少の景気悪化はあっても本質(的な景気悪化)ではない」(経団連会長の中西宏明さん)など楽観論が主流だ。

安倍晋三首相は来賓あいさつで、増税の打撃を上回る予算措置計上を「おつりが出る」と表現。先行きに自信を示しつつ「今年もベースアップを期待します」と“官製春闘”の継続姿勢を示す。

一方で春先から荒れ気味の金融市場など、リスクも台頭。「イヤらしいのはすべてが外部要因であること。なんとも言えない不安がある」と日本商工会議所会頭の三村明夫さん・

将来展望として、超スマート社会『ソサエティー5・0』や『コネクテッド・インダストリーズ』への期待も聞かれた。エレクトロニクス2団体のトップを兼ねる三菱電機会長の柵山正樹さんは「今後、開催される大型イベントで日本の強さをみせたい」と意気込む。

平成最後となる今年は、十二支でもラストとなる亥年。イノシシにちなんだあいさつが目立ったが、最もウケたのは経済同友会代表幹事の任期最終年を迎えた小林喜光さん。「“亥のベーション”に突き進みましょう」の駄洒落(だじゃれ)に会場も大笑い。

(2019/1/9 05:00)

オピニオンのニュース一覧

おすすめコンテンツ

わかる!使える!放電加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!放電加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!ダイカスト入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!ダイカスト入門 <基礎知識><段取り><実作業>

リチウムイオン二次電池の性能評価
長く安全に使うための基礎知識

リチウムイオン二次電池の性能評価 長く安全に使うための基礎知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電車の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電車の本

写真で見る鋼管平面ビーム実用化の話
次世代の電車線路用ビーム

写真で見る鋼管平面ビーム実用化の話 次世代の電車線路用ビーム

わかる!使える!ねじ入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!ねじ入門 <基礎知識><段取り><実作業>

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる