[ 政治・経済 ]

【電子版】米空軍、欠陥ある空中給油機を購入へ ボーイングが修理代負担

(2019/1/11 12:30)

  • 米ボーイングの空中給油・輸送機KC-46A(同社提供)

 米空軍は10日、長らく納期がずれ込んでいた米ボーイングの空中給油・輸送機について、欠陥があり修理が必要なままで受け入れる方針を示した。

 空軍は総額440億ドル(約4兆7700億円)相当のプログラムで「KC46」を179機購入する計画で、その最初の8機が2月に納入される。納期は予定を2年余りオーバーしており、給油作業に使用するカメラの不具合を修復するにはさらに最大で4年かかる可能性がある。

 ボーイングに必要な修復の実施を強いる策として、空軍は各航空機に対する最終支払額のうち最大2800万ドルを支払い保留にしている。

 空軍のホープ・クローニン報道官は発表文で、遠隔映像システムの開発テストで発覚した欠陥を「自ら費用を負担して修復することにボーイングは応じた」と述べた。

 欠陥のある航空機の納入に関する国防総省の承認は、同省指導部の混乱の中で起きた。マティス前国防長官が2月末での退任を表明した際、この案件はマティス氏による承認待ちだった。その後、トランプ大統領は1月1日までにマティス氏を辞任に追い込んだ。マティス氏はかつて、欠陥のある航空機を受け入れることに不快感を示していた。(ブルームバーグ)

(2019/1/11 12:30)

政治・経済のニュース一覧

おすすめコンテンツ

きちんと使いこなす!「単位」のしくみと基礎知識

きちんと使いこなす!「単位」のしくみと基礎知識

おもしろサイエンス 
天然染料の科学

おもしろサイエンス 天然染料の科学

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい磁力の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい磁力の本

技術士第二次試験「口頭試験」受験必修ガイド
第5版 <2019年度試験改正対応>

技術士第二次試験「口頭試験」受験必修ガイド 第5版 <2019年度試験改正対応>

おもしろサイエンス 
地形の科学

おもしろサイエンス 地形の科学

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいゲノム編集の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいゲノム編集の本

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン