[ オピニオン ]

産業春秋/建設現場のロボ活用

(2019/1/21 05:00)

工事現場で建設ロボットの試行運用が増えている。実際に現場を見ると、変化や新たな発見があり、人とロボットの協働作業に新たな可能性を感じる。

例えば、鹿島は生産プロセスを変革する「スマート生産ビジョン」を策定。名古屋市中区の新築ビル工事で施工ロボットや管理ツールなど18に上る技術・システムを運用し、溶接ロボットの上向き溶接が「初めて人より安くできた」(伊藤仁常務執行役員)と喜ぶ。

ロボット普及の条件は「人間より安く、夜間に自動で作業する二つ」(同)。今後、溶接作業者不足の解消に向け、協力会社などで溶接ロボットの活用が期待される。

清水建設は大阪のホテル工事現場に次世代建築生産システム「シミズ・スマート・サイト」を初適用し、ロボットが資材搬送、天井ボード貼り付け作業を行う。この現場にはタブレット端末を使い、資材搬送ロボットを自在に操る「ロボットオペレーター職長」が登場した。

「若いころからタブレット端末を使いこなし、当社社員より早く覚えてしまった」(印藤正裕常務執行役員)と驚く。今後、試行前に考えつかなかった新たな職種が生まれるかもしれない。ロボット試行がもたらす現場の変化や進化に注視したい。

(2019/1/21 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

そうか!わかった! 
プラント配管の原理としくみ

そうか!わかった! プラント配管の原理としくみ

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

わかる!使える!機械加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!機械加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

原子力年鑑2021

原子力年鑑2021

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる