[ 自動車・輸送機 ]

【電子版】ゴーン被告、ルノー会長辞任の意向 仏紙報道

(2019/1/23 10:30)

  • ルノー会長兼CEOのカルロス・ゴーン氏(18年9月、イギリス・ロンドン=ブルームバーグ)

【パリ=時事】フランス紙レゼコー(電子版)は22日、同国自動車大手ルノーの会長兼最高経営責任者(CEO)を務めるカルロス・ゴーン被告がルノー取締役会の求めに応じ、辞任する意向だと報じた。ルノーは同日、取締役会を24日に開くと明らかにした。

 現地メディアによると、取締役会はゴーン被告の後任人事を話し合う。会長にはタイヤ大手ミシュランCEOのジャンドミニク・スナール氏、CEOにはルノー副CEOのティエリー・ボロレ氏を指名するとみられている。

 レゼコーによると、ゴーン被告は弁護団を通じて辞表を提出する意向を表明した。「ルノーとアライアンス(提携)の障害にはなりたくない」と語っているという。ゴーン被告が退任時に受け取る報酬についても協議されているもようだ。

 東京地検特捜部に会社法違反(特別背任)の罪などで起訴されたゴーン被告の勾留長期化が予想される中、ルメール仏経済・財務相はルノーに取締役会を近く開催するよう要請していた。

 フィガロ紙によれば、ルノーは18日に役員人事を話し合う指名委員会を開いた。スナール氏が日産自動車、三菱自動車との3社連合のトップに就任する案も浮上しているという。

(2019/1/23 10:30)

おすすめコンテンツ

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

Journagram→ Journagramとは

PR

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる