[ オピニオン ]

産業春秋/エジソンに議論を挑んだ男

(2019/2/11 05:00)

きょうは2月11日。世界の発明王であるトーマス・エジソンが1847年のこの日に生まれた。その生涯で、蓄音機、白熱電球、映画など1000を超える特許を取得している。

そのエジソンに議論を挑んだ日本人がいる。名前は岩垂(いわだれ)邦彦。1899年、米ウェスタン・エレクトリックと、日本で初めての合弁会社となる日本電気(NEC)を創業した人物だ。

岩垂は、現在の東京大学工学部を卒業後、一時、明治政府の中央官庁である工部省に勤務した後、渡米し、エジソンの会社であるエジソン・マシンワークスに勤める。

当時、米国では、電力供給を直流にするか、交流にするかで論争が起きていた。標準方式はエジソンが発明した直流送電だったが、使用が集中すると電圧が低下するという問題があった。一方、交流は遠距離でも電力損失が少なく、しかも直流に変換できる方式だった。

日本の電化を進めるのに現地技術の仲介役を頼まれた岩垂は、交流を支持。これが原因でエジソンとの仲が悪化し退社。日本に帰国する。岩垂率いる交流設備の日本での電力供給は、安全性が向上し成功した。ボスに迎合することなく、冷静に技術を見極め、ぶれない心をもつ岩垂の精神は経営に生きている。

(2019/2/11 05:00)

オピニオンのニュース一覧

おすすめコンテンツ

わかる!使える!放電加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!放電加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!ダイカスト入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!ダイカスト入門 <基礎知識><段取り><実作業>

リチウムイオン二次電池の性能評価
長く安全に使うための基礎知識

リチウムイオン二次電池の性能評価 長く安全に使うための基礎知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電車の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電車の本

写真で見る鋼管平面ビーム実用化の話
次世代の電車線路用ビーム

写真で見る鋼管平面ビーム実用化の話 次世代の電車線路用ビーム

わかる!使える!ねじ入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!ねじ入門 <基礎知識><段取り><実作業>

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる