[ オピニオン ]

産業春秋/「納税環境整備」

(2019/2/18 05:00)

経団連が昨年9月に提言した税制改正要望に、以前には見かけない項目があった。「税務分野におけるデジタル・ガバメントの推進等」。異例ながら、これを要望の上位に掲げた。

具体的には連結納税の手続き緩和や、自治体ごとに異なる固定資産税の納税通知書・課税明細書の書式統一・電子化など。加えて電子帳簿保存にかかわる手続きの見直しも求めた。

「経理部など第一線の負担を軽くするのが目的。金融機関を中心に強い要望があった」と経団連担当者。手続きの合理化や電子化なら、減税項目の対象外の企業も恩恵がある。提出書類の束に泣かされている実務家には切実な問題だ。

昨年末にまとまった与党税制大綱は、末尾に近い「納税環境整備」の中に経団連要望に応じた見直しを盛り込んだ。ただ同項目の目玉としてメディアに説明したのは「情報照会手続きの整備」。悪質な無申告者などをマイナンバーなどを使って国税庁が特定し、その情報を必要な第三者に提供する制度の新設だ。

同じデジタル情報の活用でも“お上”と納税者の意識の間には、やはり溝がある。適切な納税は事業者にとって当然だが、それがスムーズにできる仕組みにも気を配るよう、改めて当局にお願いしたい。

(2019/2/18 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいシリコーンの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいシリコーンの本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい金属材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい金属材料の本

原子力年鑑2020

原子力年鑑2020

200の図とイラストで学ぶ 
現場で解決!射出成形の不良対策

200の図とイラストで学ぶ 現場で解決!射出成形の不良対策

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建築材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建築材料の本

凛穂の…気ままな散歩道

凛穂の…気ままな散歩道

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる