[ オピニオン ]

産業春秋/梅と桜の逆転劇

(2019/2/28 05:00)

受験シーズン真っただ中。学問の神様を祀(まつ)る全国の天満宮は合格祈願の絵馬が鈴なり。ほっこりと咲く梅の花とのコントラストがこの季節の風物詩。

〈東風(こち)吹かば 匂い起こせよ梅の花 主なしとて春な忘れそ〉。政敵の策謀で菅原道真が九州・太宰府に左遷された際に詠んだ歌だ。遣唐使の影響で当時の貴族は庭に梅を植えて花見を楽しんだ。

梅のライバルは同じバラ科の桜。奈良時代の和歌をまとめた『万葉集』には梅を詠んだ和歌が約110首、桜の和歌が約43首。が、平安時代に編集された『古今和歌集』では梅が約18首、桜が約70首と逆転する。

主役交代のきっかけは平安「三筆」の一人・嵯峨天皇の一言。牛車で行幸した際、東山の地主神社の満開の桜に心を奪われ、桜を献上させて日本初の桜の花見を行った。その後、御所の庭の「左近の梅」が桜に植え替えられて現在の「左近の桜」「右近の橘」の姿に。

道真は桜も別れの歌を詠んだ。〈桜花 主を忘れるものならば 吹き来む風に言づてはせよ〉。桜は梅のように太宰府に飛ばなかったようだが、遣唐使廃止を建議した道真は案外、外来種の梅より日本自生の桜が好きだったかも。受験生にとっても「サクラサク」の方が好きに違いない。

(2019/2/28 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

異物不良「ゼロ」徹底対策ガイド
一般エリアからクリーンルームまで即効果が出る

異物不良「ゼロ」徹底対策ガイド 一般エリアからクリーンルームまで即効果が出る

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいシリコーンの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいシリコーンの本

200の図とイラストで学ぶ 
現場で解決!射出成形の不良対策

200の図とイラストで学ぶ 現場で解決!射出成形の不良対策

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい金属材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい金属材料の本

原子力年鑑2020

原子力年鑑2020

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建築材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建築材料の本

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる