[ 自動車・輸送機 ]

【電子版】737MAXのソフト更新、当初昨年末を予定 米ボーイング

(2019/3/17 07:30)

  • 737MAX8の操縦室(15日、スカルノ・ハッタ国際空港=ブルームバーグ)

【シカゴ=時事】15日付の米紙ニューヨーク・タイムズは、航空機大手ボーイングが昨年10月に起きた墜落事故を受け、新型旅客機「737MAX」のソフトウエアの改修を当初は昨年末ごろに行う予定だったと報じた。今月10日のエチオピアでの事故後、同社は数週間以内にソフトを更新すると説明しており、対応の遅れが事故の続発につながった可能性がある。

 同紙によると、昨年のインドネシアでの事故後にボーイングの担当者が米サウスウエスト航空、アメリカン航空の操縦士組合の関係者と個別に会い、同年末ごろまでにソフトを改修すると説明。しかし両航空は現在も更新待ちの状態だという。

 一方、エチオピアの事故を受けてボーイングは11日、昨年の事故後数カ月間、操縦系統ソフトの改良に取り組んでおり、「既に安全な航空機をさらに安全にする」と強調。ソフトは数週間以内に更新されると説明していた。

 現時点で墜落事故とソフトの因果関係は分かっていない。2件の事故は離陸直後に発生しており、飛行データから「類似性」が指摘されている。

(2019/3/17 07:30)

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる