[ オピニオン ]

産業春秋/「アジアセンター」

(2019/3/22 05:00)

私事で恐縮だが、インドネシアに駐在していた友人が帰国して、何年かぶりに会う機会に恵まれた。「やはり日本はいいね」。彼が言い放った。

「どうしたの」と尋ねると、インドネシアの方の仕事ぶりを話し始めた。彼が同国で駐在していた借家の水回りの調子が悪く、設備業者を呼んだ。しかし、数日するとまた調子が悪い。同じ業者に頼んでもらちがあかないので、別の業者に頼んでようやく改善したという。

もし日本なら、設備業者に頼むと、改善に全力を尽くす。1回悪評判が立つと、あっという間に広がるからだ。言葉も国民性も違う異文化が交じり合うことの難しさを垣間見た。

東南アジア諸国と日本との双方向の文化交流強化を担う国際交流基金の「アジアセンター」が設置されて5年。事業の柱の日本語普及では、2014年から19年度末までに各国に派遣した総数は累計約2500人に達する見込み。「でも日本人の99・999%はアジアセンターを知らない」と、国際交流基金の安藤裕康理事長は嘆く。

同センターは、今年6―7月、5年の活動を総括するイベント「響きあうアジア2019」を東京都内などで開く。接する機会が増えれば、文化交流を通じてアジアの未来が広がる。

(2019/3/22 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験
<1・2級>学科・実技試験

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験 <1・2級>学科・実技試験

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい新幹線技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい新幹線技術の本

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん!
幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん! 幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

未来の科学者との対話19
第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話19 第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる