[ オピニオン ]

産業春秋/夕張支線の廃線

(2019/3/27 05:00)

「行ってらっしゃい」。JR北海道の石勝線夕張支線の夕張駅で、列車が動きだすとホームにいた中年の女性数人が、黄色いハンカチを振って、見送ってくれた。夕張支線(夕張―新夕張)は3月31日をもって廃線となる。

記録や記憶にとどめようと、休日の車内は満員だった。中年男性がビデオカメラで撮影している。保育園児ぐらいの子どもが10人ほどいてにぎやかだ。駅では、鉄道マニアがカメラを構えてシャッターを切っていた。

夕張支線の開業は1892年(明25)。夕張炭山の石炭を輸送する目的で敷設された。石炭産業の隆盛期には活況を呈したものの、石炭産業の衰退や自動車の普及で乗客が大幅に減少。18年3月に北海道夕張市とJR北海道が廃線に合意した。

人口減少が進む中、広大な線区を抱えるJR北海道の経営は厳しさを増している。10路線13線区を「単独では維持困難」として5区間で廃止・バス転換を提案。夕張支線を含む2線区で地元自治体と廃止を合意した。

線区の廃止は単にJR北海道の経営問題だけでは収まらない。今後の地域公共交通網のあり方としてとらえるべきだろう。望ましい公共交通網とは何か。人口減少のインパクトを踏まえた構想が求められている。

(2019/3/27 05:00)

オピニオンのニュース一覧

おすすめコンテンツ

わかる!使える!ダイカスト入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!ダイカスト入門 <基礎知識><段取り><実作業>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電車の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電車の本

リチウムイオン二次電池の性能評価
長く安全に使うための基礎知識

リチウムイオン二次電池の性能評価 長く安全に使うための基礎知識

わかる!使える!ねじ入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!ねじ入門 <基礎知識><段取り><実作業>

写真で見る鋼管平面ビーム実用化の話
次世代の電車線路用ビーム

写真で見る鋼管平面ビーム実用化の話 次世代の電車線路用ビーム

図解!本気の製造業「原価計算」実務入門
付加価値と生産性を見える化してますか?

図解!本気の製造業「原価計算」実務入門 付加価値と生産性を見える化してますか?

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる