[ 政治・経済 ]

【電子版】NYで「渋滞税」導入へ 進入車両に自動課金 2年後めど

(2019/4/1 10:30)

  • ニューヨークで深刻化する交通渋滞(2月28日、EPA時事)

【ニューヨーク=時事】米ニューヨークの中心部で交通渋滞緩和のための「渋滞税」が導入される見通しとなった。徴収開始は2021年以降で、導入は全米の都市で初となりそうだ。人口増や客を求めるウーバーなどの配車サービスの車の増加で渋滞が深刻化する中、効果を発揮できるか注目が集まる。

 ニューヨーク州・市のクオモ知事とデブラシオ市長は今年2月、老朽化した地下鉄網の改修費などに充てるため、渋滞税の導入計画を発表。渋滞が深刻な中心部に車両で進入する際に、自動的に課金する。米紙ニューヨーク・タイムズによると、州議会も計画を承認する見通しだ。

 同紙が報じた専門家の分析では、混雑時間帯の徴収額は普通車で12-14ドル(約1300-1600円)、トラックで25ドル(約2800円)程度。夜間や休日は減額されるとみられる。2月から既に課金対象となっているタクシーやウーバーなどは、追加の支払いが免除される見通しだ。

 渋滞税はロンドンやストックホルムなどで導入され、渋滞や大気汚染の緩和効果が確認されている。米国内ではロサンゼルスなど他の大都市でも、導入の是非を検討する動きが出ている。

(2019/4/1 10:30)

政治・経済のニュース一覧

おすすめコンテンツ

中小工場のためのIoT構築入門
低コストで簡単にシステムをつくる

中小工場のためのIoT構築入門 低コストで簡単にシステムをつくる

わかる!使える!工業塗装入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!工業塗装入門 <基礎知識><段取り><実作業>

超ロボット化社会
ロボットだらけの未来を賢く生きる

超ロボット化社会 ロボットだらけの未来を賢く生きる

実用設計製図 
幾何公差の使い方・表し方
第2版

実用設計製図 幾何公差の使い方・表し方 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい宇宙ロケットの本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい宇宙ロケットの本 第3版

アグリカルチャー4.0の時代 
農村DX革命

アグリカルチャー4.0の時代 農村DX革命

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン