[ オピニオン ]

産業春秋/はやぶさ2のミッション

(2019/4/3 05:00)

月の模様は各国で見えるイメージが異なり、日本ではウサギが餅をつく姿が一般的。天体の衝突などで皿のようになったくぼ地「クレーター」を埋め尽くす黒い溶岩の塊がこの模様を見せている。

米国は月近傍に有人拠点を作り、再び月面に人を送ろうとしている。将来、月面のクレーター探査が行われるかもしれない。

小天体にクレーターを作るという新しい試みが5日行われようとしている。小惑星探査機「はやぶさ2」から衝突装置を降下させ、小惑星「リュウグウ」に人工クレーターを作る。小惑星内部の試料をはやぶさ2のタッチダウン(着陸)で採取する計画だ。世界初の試みに日本中が注目する。

ミッションには危険も伴う。リュウグウに向けて衝突装置を放出したはやぶさ2は急いでリュウグウの裏側に隠れなければならない。宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙科学研究所の久保田孝研究総主幹は「馬に乗りながら的を矢で射る『やぶさめ』を行うようなもの」とミッションの難易度をこう評価する。

科学には失敗が付きもので新しい知見を得るにはリスクを取ることも必要だ。はやぶさ2のミッションに勇気づけられて、何か新しいことに挑戦してみてはどうだろうか。

(2019/4/3 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる