[ 自動車・輸送機 ]

【電子版】エアバスCEO、「A320neo」は737MAXと構造異なる 早期解決望む

(2019/4/11 13:30)

  • エアバスのギヨム・フォーリCEO(10日、オランダ・アムステルダム=ブルームバーグ)

【アムステルダム・ロイター時事】欧州航空機大手エアバスのエンダース最高経営責任者(CEO)は10日、相次ぐ墜落事故を受けて運航停止になっている米ボーイングの新型機「737MAX」の問題を、ボーイングと米連邦航空局(FAA)が早期に解決することへの期待感を表明するとともに、安全への取り組みでボーイングと姿勢が一致していると述べた。

 退任するエンダース氏は年次総会で株主に対し、「エチオピア航空のような(墜落)事故が起きると、(航空機)メーカー1社にとどまらず全社について、一般の人々の間に安全への疑問が生じる」と語り、「安全については(ボーイングと)決して競争しない。教訓は得ても、競わない」と明言した。

 また、総会で株主に承認されたフォーリ新CEOは、737MAXの構造がエアバスの「A320neo」とは異なると述べたものの、「われわれ独自の安全への取り組みを、引き続き真剣に検討していく」と明言した。

 その上で「エアバス機であれ他社の航空機であれ、われわれはどんな教訓でも得ている。これは安全記録の改善継続に必要だ」と説明した。

(2019/4/11 13:30)

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる