[ 自動車・輸送機 ]

【電子版】737MAX8、一部の空港には不向き ボーイングが指摘

(2019/4/14 08:30)

  • ボーイング・フィールドでテストを行う737MAX8(16年1月、シアトル・キング郡国際空港=ブルームバーグ)

 ボーイングは3月のエチオピア航空機墜落事故が起きる前に、高温・高地の空港では737MAX8を使用できないと法的文書に記していた。

 高地の空港からの離陸には長めの滑走路とより速いスピードが必要になり、標高7657フィート(約2334メートル)に位置するエチオピア首都アディスアベバのボレ国際空港はこれに該当する。302便が墜落した要因として同空港の位置は挙げられておらず、高度が原因だった公算は小さい。だが、高地では航空機のパフォーマンスが低下するため、状況を悪化させる要因だった可能性はあると、米デンバーなど高地の空港を離着陸する737のパイロット1人が指摘した。メディアに話す権限がないことを理由に匿名で語った。

 エチオピア航空が先週公表したデータは、墜落した737MAX8のパイロットが離陸後に速度を落とさなかったことを示した。

 ボーイングは2017年、カナダのボンバルディアによる不当競争が737-700とMAX7を脅かしているとして米国際貿易委員会(ITC)に提訴。その際、737MAX7は一部の高温・高地の空港で使用でき、「8や9、10では不可能」な離着陸が可能だと指摘。MAX8の限界を指摘することで737-700やMAX7の市場シェア維持を図ろうとした。

 ボーイングの広報担当者は、アディスアベバの国際空港には長い滑走路があるため大型旅客機に対応できるとコメントした。(ブルームバーグ)

(2019/4/14 08:30)

自動車・輸送機のニュース一覧

おすすめコンテンツ

よくわかる3次元CADシステム  
SOLIDWORKS入門
-2017/2018/2019対応-

よくわかる3次元CADシステム  SOLIDWORKS入門 -2017/2018/2019対応-

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい宇宙ロケットの本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい宇宙ロケットの本 第3版

アグリカルチャー4.0の時代 
農村DX革命

アグリカルチャー4.0の時代 農村DX革命

シッカリ学べる! 
機械設計者のための振動・騒音対策技術

シッカリ学べる! 機械設計者のための振動・騒音対策技術

シリーズ ITソリューション企業総覧 
人工知能(AI)/IoT/ロボットを活用した産業別ICT導入事例がサクッとわかる本

シリーズ ITソリューション企業総覧 人工知能(AI)/IoT/ロボットを活用した産業別ICT導入事例がサクッとわかる本

関西で長く愛されている優良企業180選
継承と革新のひけつ

関西で長く愛されている優良企業180選 継承と革新のひけつ

Joint Media

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン