[ 自動車・輸送機 ]

【電子版】新興EVメーカーのリビアン、GMは出資断念か 協議決裂

(2019/4/14 12:00)

  • リビアンの電動ピックアップトラック「R1T」。GMはリビアンのピックアップトラックとSUV用に設計されたEVシステムに興味を示していたという(18年11月、ロサンゼルスモーターショー=ブルームバーグ)

 米ゼネラル・モーターズ(GM)は新興電気自動車(EV)メーカーのリビアン・オートモーティブに出資する協議が行き詰まり、交渉を打ち切り可能性があると、事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。ミシガン州プリマスに本拠を置くリビアンの電動ピックアップトラックとスポーツ多目的車(SUV)は、GMの出資と提携で市場投入が早まる可能性があった。

 リビアンは今年2月、アマゾンを筆頭に投資家から7億ドル(約770億円)の資金を調達。GMはアマゾン・ドット・コムとともにリビアンの戦略的投資家になるとみられていた。リビアンには住友商事も出資している。

 関係者の1人によると、協議は過去2週間の間に終わったという。リビアン創業者のR・J・スカリンジ最高経営責任者(CEO)は複数の選択肢を残しておきたい意向で、同社には複数の企業が関心を示していたという。GMが合意に向けた協議を復活させられない場合、同社は自前の電動ピックアップトラック開発を続けるという。

 GMの広報担当者、パット・モリッシー氏は電子メールで「自動車業界ではさまざまなパートナー間で定期的に話し合いがあるが、当社は誰といつ、どこで協議するかは明かさない方針だ」と述べた。(ブルームバーグ)

(2019/4/14 12:00)

自動車・輸送機のニュース一覧

おすすめコンテンツ

よくわかる3次元CADシステム  
SOLIDWORKS入門
-2017/2018/2019対応-

よくわかる3次元CADシステム  SOLIDWORKS入門 -2017/2018/2019対応-

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい宇宙ロケットの本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい宇宙ロケットの本 第3版

アグリカルチャー4.0の時代 
農村DX革命

アグリカルチャー4.0の時代 農村DX革命

シッカリ学べる! 
機械設計者のための振動・騒音対策技術

シッカリ学べる! 機械設計者のための振動・騒音対策技術

シリーズ ITソリューション企業総覧 
人工知能(AI)/IoT/ロボットを活用した産業別ICT導入事例がサクッとわかる本

シリーズ ITソリューション企業総覧 人工知能(AI)/IoT/ロボットを活用した産業別ICT導入事例がサクッとわかる本

関西で長く愛されている優良企業180選
継承と革新のひけつ

関西で長く愛されている優良企業180選 継承と革新のひけつ

Joint Media

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン