[ 自動車・輸送機 ]

【電子版】テスラ「モデル3」生産、パナソニックの電池供給能力が制約要因 マスクCEOがツイート

(2019/4/15 10:00)

  • パナソニックとテスラが共同運営する電池工場「ギガファクトリー」(ネバダ州スパークス、テスラ提供)

他のサプライヤーを使う以外に選択肢がない

 テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は、米ネバダ州の車載リチウムイオン電池工場「ギガファクトリー」にあるパナソニックの電池セルの生産ラインが、テスラの「モデル3」生産にとって制約要因になっていると指摘した。

 テスラとパナソニックはギガファクトリーの生産能力を高めるための投資を凍結すると日本経済新聞が報じたのを受け、テスラの株価は先週11日に急落していた。

 マスク氏は13日のツイートで、パナソニックの年産能力が3月に35ギガワット時に達したとの指摘に対し「それは間違いだ。ギガファクトリーにあるパナソニックの電池セルラインは年24ギガワット時程度にすぎず、7月以来『モデル3』の制約要因となっている。『パワーウォール/パワーパック』セルで他のサプライヤーを使う以外に選択肢がない。テスラは既存のラインが理論値で35ギガワット時に近づくまで能力拡大の支出は行わない」とした。

 パナソニックは15日、ギガファクトリーで2018年度内に35ギガワット時分の設備設置を完了し、生産体制を確立したと電子メールで回答。ただ、現時点では「全ては稼働しておらず、フル生産に向け立ち上げている」とも認めた。生産能力の現状については非公表とし、「需要に合わせ供給している」と説明した。(ブルームバーグ)

(2019/4/15 10:00)

自動車・輸送機のニュース一覧

おすすめコンテンツ

よくわかる3次元CADシステム  
SOLIDWORKS入門
-2017/2018/2019対応-

よくわかる3次元CADシステム  SOLIDWORKS入門 -2017/2018/2019対応-

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい宇宙ロケットの本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい宇宙ロケットの本 第3版

アグリカルチャー4.0の時代 
農村DX革命

アグリカルチャー4.0の時代 農村DX革命

シッカリ学べる! 
機械設計者のための振動・騒音対策技術

シッカリ学べる! 機械設計者のための振動・騒音対策技術

シリーズ ITソリューション企業総覧 
人工知能(AI)/IoT/ロボットを活用した産業別ICT導入事例がサクッとわかる本

シリーズ ITソリューション企業総覧 人工知能(AI)/IoT/ロボットを活用した産業別ICT導入事例がサクッとわかる本

関西で長く愛されている優良企業180選
継承と革新のひけつ

関西で長く愛されている優良企業180選 継承と革新のひけつ

Joint Media

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン