[ オピニオン ]

産業春秋/東北の“新しい環”

(2019/4/16 05:00)

一つの“環(わ)”が東北に誕生した。宮城、福島、山形の南東北3県の県庁所在地域が高速道路でつながった。福島県相馬市を起点に秋田県横手市までを結ぶ「東北中央自動車道」の整備が、山形県内で進むためだ。

2017年11月には「大笹生(おおざそう)インターチェンジ(IC)」(福島市)と山形県米沢市の「米沢北IC」間が無料区間として開通。今月13日には「南陽高畠IC」(山形県高畠町)と「山形上山IC」(同上山市)間が開通した。

これで東北中央道は東北自動車道、山形自動車道と接続し、山形・福島・仙台エリアに高規格幹線道路の環が完成した。相互補完のダブルネットワークが形成され、地域内の高速交通網の機能は高まる。

17年に開通した大笹生IC―米沢八幡原IC間の交通量は1日当たり約8900台(年平均値)。福島と山形県境の交通量は開通以前より約3割増えているという。「道の駅米沢」の来場者数は開業から約9カ月半で150万人を突破した。

観光とともに期待される今後の産業振興。IC直結の工業団地の造成も山形・福島両県で進む。東北中央道の全国への浸透は、これからが本番だ。この春は、ぜひ“新しい環”を体感してみてはいかがでしょうか。

(2019/4/16 05:00)

オピニオンのニュース一覧

おすすめコンテンツ

よくわかる3次元CADシステム  
SOLIDWORKS入門
-2017/2018/2019対応-

よくわかる3次元CADシステム  SOLIDWORKS入門 -2017/2018/2019対応-

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい宇宙ロケットの本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい宇宙ロケットの本 第3版

アグリカルチャー4.0の時代 
農村DX革命

アグリカルチャー4.0の時代 農村DX革命

シッカリ学べる! 
機械設計者のための振動・騒音対策技術

シッカリ学べる! 機械設計者のための振動・騒音対策技術

シリーズ ITソリューション企業総覧 
人工知能(AI)/IoT/ロボットを活用した産業別ICT導入事例がサクッとわかる本

シリーズ ITソリューション企業総覧 人工知能(AI)/IoT/ロボットを活用した産業別ICT導入事例がサクッとわかる本

関西で長く愛されている優良企業180選
継承と革新のひけつ

関西で長く愛されている優良企業180選 継承と革新のひけつ

Joint Media

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン