[ 自動車・輸送機 ]

【電子版】トヨタ・ソフトバンクG、ウーバーに1100億円出資 自動運転の実用化加速

(2019/4/19 12:30)

  • ライドシェア大手の米ウーバー・テクノロジーズへの追加出資を決めて調印式を行うトヨタやソフトバンクグループなどの担当責任者(18日、サンフランシスコ=時事)

 トヨタ自動車は19日、ソフトバンクグループ(SBG)などと、米ライドシェア(相乗り)大手ウーバー・テクノロジーズに追加出資すると発表した。今後の需要拡大が期待されるライドシェア向け自動運転車両の開発を一段と加速させるのが狙いだ。

 ウーバーが自動運転開発部門を分社化して設立する新会社に計10億ドル(約1100億円)を投じる。出資額はトヨタ4億ドル、デンソー2億6700万ドル、SBGの「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」3億3300万ドル。

 トヨタはウーバーに対し、2016年5月にライドシェア分野の提携で合意し、金融子会社を通じて出資。さらに18年8月には5億ドルをトヨタ本体から追加出資し、米国でライドシェア専用の自動運転車両を21年に投入する方針を打ち出した。

 トヨタは今回の追加出資でさらに協業を拡大し、同車両の量産化とサービスの実用化にめどをつける。自動運転に必要なセンサーなどの部品やソフトの開発も共同で行い、今後3年間で最大3億ドルの開発費を負担する。

 ウーバーのダラ・コスロシャヒ最高経営責任者(CEO)は「素晴らしいパートナーとともに推進する今後のプロジェクトの成果を確信している」とのコメントを発表。トヨタの友山茂樹副社長は「より安全、高品質で低コストの自動運転ライドシェア車両の実用化を目指す」と強調した。(時事)

(2019/4/19 12:30)

自動車・輸送機のニュース一覧

おすすめコンテンツ

写真で見る鋼管平面ビーム実用化の話
次世代の電車線路用ビーム

写真で見る鋼管平面ビーム実用化の話 次世代の電車線路用ビーム

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電車の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電車の本

リチウムイオン二次電池の性能評価
長く安全に使うための基礎知識

リチウムイオン二次電池の性能評価 長く安全に使うための基礎知識

わかる!使える!ねじ入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!ねじ入門 <基礎知識><段取り><実作業>

図解!本気の製造業「原価計算」実務入門
付加価値と生産性を見える化してますか?

図解!本気の製造業「原価計算」実務入門 付加価値と生産性を見える化してますか?

マテリアルズ・インフォマティクス
材料開発のための機械学習超入門

マテリアルズ・インフォマティクス 材料開発のための機械学習超入門

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる