[ 政治・経済 ]

【電子版】新政府専用機がデビュー ネット接続可、機内で送受信

(2019/4/23 05:00)

  • 欧米歴訪の安倍晋三首相を乗せ、羽田空港を出発する新しい政府専用機(22日、羽田空港=時事)

【パリ=時事】首相や皇族の外国訪問などに使用する新しい政府専用機が運用を開始した。無線通信Wi-Fi(ワイファイ)を使い、インターネット接続できるのが旧型との大きな違い。機中からメールでやりとりする政府関係者や、記事を送る同行の報道関係者の姿も見られるようになった。

 2代目となる専用機は米ボーイング社の「777-300ER」型。22日に欧米6カ国歴訪をスタートさせた安倍晋三首相らを乗せ、羽田空港を出発。フランス・パリまで約1万キロメートルを飛び、同日午後(日本時間23日未明)に無事到着した。

  • 安倍晋三首相の外国訪問で初めて使用された新しい政府専用機の内部(22日、羽田空港=時事)

 Wi-Fiは有料。水平飛行に移るとパソコンなどを使ってネットに接続したり、通話アプリLINEを使ったりすることが可能だ。ただ、通信状態は必ずしも安定せず、途中で送稿をあきらめた記者も。ある政府職員は「機内で前より仕事に追われる」とぼやいていた。

 記者らが座る一般区画の各座席にはテレビモニターも導入された。1993年に初運航の旧専用機には記者に向かい合う形で要人が会見できる机と座席があったが、2代目にはない。

 機体の外装は従来と同様、国旗をイメージした赤白2色。ただ、初代の側面が白地に赤い直線を引いたデザインだったのに対し、2代目は赤いカーブをあしらっている。

(2019/4/23 05:00)

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建築材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建築材料の本

凛穂の…気ままな散歩道

凛穂の…気ままな散歩道

よくわかるコンクリート構造物のメンテナンス
長寿命化のための調査・診断と対策

よくわかるコンクリート構造物のメンテナンス 長寿命化のための調査・診断と対策

自動運転のためのセンサシステム入門
車載カメラとLiDARによるセンサフュージョン

自動運転のためのセンサシステム入門 車載カメラとLiDARによるセンサフュージョン

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい機械力学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい機械力学の本

はじめて学ぶ電気電子計測
原理を理解し、正しく計測するための基礎知識

はじめて学ぶ電気電子計測 原理を理解し、正しく計測するための基礎知識

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる