[ 自動車・輸送機 ]

【電子版】ボーイング737MAX、型式証明審査を精査 米運輸長官が専門家任命

(2019/4/23 12:00)

  • ボーイング737MAX8(15年12月、ワシントン州レントン=ボーイング提供)

【ワシントン=ロイター時事】チャオ米運輸長官は22日、ボーイングの新型機「737MAX」の墜落事故が相次ぎ、350人近くの死者が出た状況を受けて、連邦航空局(FAA)の型式証明審査を精査する特別委員会に専門家4人を任命したと発表した。

 任命されたのは、米航空宇宙局(NASA)の航空安全プログラムを担当していたエイミー・プリチェット氏と、国際的な航空安全の専門家で米空軍に従軍した経験を持つヘリオフショアのグレッチェン・ハスキンズ最高経営責任者(CEO)、鉄道会社アムトラックの最高安全責任者で、デルタ航空とノースウエスト航空の上級安全担当役員を歴任したケネス・ハイランダー氏、リパブリック航空の取締役会議長でFAAの元主任顧問であるJ・デビッド・グリズル氏。

 チャオ氏によると、特別委員会は737MAXの型式証明発行に際して2012-17年に行われた800段階の審査を見直すという。

(2019/4/23 12:00)

おすすめコンテンツ

令和時代を切り拓く! 
日本のリーディングカンパニー【関西・中国・四国編】

令和時代を切り拓く! 日本のリーディングカンパニー【関西・中国・四国編】

技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修キーワード700
第8版

技術士第一次試験 「建設部門」受験必修キーワード700 第8版

関西・中国・四国で愛されている長寿企業2021
社会と経済の発展に貢献してきた秘密に迫る

関西・中国・四国で愛されている長寿企業2021 社会と経済の発展に貢献してきた秘密に迫る

モノづくり中部 技術・技能自慢 2021年版

モノづくり中部 技術・技能自慢 2021年版

続・東京の長寿企業50社

続・東京の長寿企業50社

これから伸びる東京のカイシャ2021

これから伸びる東京のカイシャ2021

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

もっと見る

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる