[ 自動車・輸送機 ]

【電子版】米テスラ、来年に無人「ロボタクシー」を計画 自社製EVでライドシェア

(2019/4/24 05:00)

  • テスラのライドシェアアプリ(テスラの動画から)

 テスラの使命はかつて、手頃な価格の電気自動車(EV)を大衆市場に投入することだった。しかし、ここにきてイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)はそれを撤回し、自動運転技術とライドシェア・サービスを組み合わせると表明した。

 マスクCEOは22日の投資家向け説明会で、テスラ車100万台が来年半ばまでには自動運転モードで公道を走行できるようになると発表した。テスラ車のオーナーは「ロボタクシー」と称するライドシェアのネットワークにマイカーを提供し、人が乗らなくても自動運転モードで走らせることができるという。

 とっぴな予測も遠慮なく口にするマスクCEO(47)でも、これは非常に野心的なスケジュールだ。自動運転分野で業界リーダーと広く受け止められているアルファベット傘下のウェイモは、セーフティードライバーなしで自動運転車を走行させることは避けている。しかし、テスラのEV需要を巡って懸念が広がる中、マスクCEOは自動運転のロボタクシーの本格導入準備が整えば、同社にとってもテスラ車オーナーにとっても大きな金銭的利益を得られると説明した。

 カリフォルニア州パロアルトの本社で開いた説明会で同CEOは、「消費者が今日受け止めるであろう基本的なメッセージは、テスラ以外の車を買うのは経済的にばかげているということだ」と語った。

 テスラの投資家にとって問題は、短期的に費用が高くつくことになる点だ。自動運転技術に絡むコストについて問われたマスクCEOは、「基本的には当社の全ての費用体系だ」と返答した。(ブルームバーグ)

(2019/4/24 05:00)

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建築材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建築材料の本

凛穂の…気ままな散歩道

凛穂の…気ままな散歩道

よくわかるコンクリート構造物のメンテナンス
長寿命化のための調査・診断と対策

よくわかるコンクリート構造物のメンテナンス 長寿命化のための調査・診断と対策

自動運転のためのセンサシステム入門
車載カメラとLiDARによるセンサフュージョン

自動運転のためのセンサシステム入門 車載カメラとLiDARによるセンサフュージョン

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい機械力学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい機械力学の本

はじめて学ぶ電気電子計測
原理を理解し、正しく計測するための基礎知識

はじめて学ぶ電気電子計測 原理を理解し、正しく計測するための基礎知識

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる