[ オピニオン ]

産業春秋/いつもと違う“お代替わり”

(2019/4/29 05:00)

平成も残すところ2日間。新元号が発表になって以来、多くのイベントが「平成最後」を掲げ、メディアは回顧特集で盛り上がっている。

昭和から平成への改元は、天皇陛下の崩御を伴っただけに、ひたすら慌ただしかった。令和への改元は陽春の気候のせいもあってか、国民の奉祝意識が高まっている。これまでとは少し違う“お代替わり”である。

産業界にとって改元は、システム改修や印刷物見直しといった対応の手間ばかりが話題にされがち。しかし「令和おめでとう」商戦や、訪日外国人客の目に日本独自のエキゾチックな習慣が映ることを考えると、ビジネスチャンスとしてとらえることもできそうだ。

漢籍ではなく国書を新たな典拠としたことも、元号の将来のあり方を変えるに違いない。『枕草子』の「春曙」とか、『平家物語』から「鐘声」とかも元号候補になれるだろうか。あるいは現代風にかな化して「まほろば元年」はどうか。事前予想も一段と楽しくなりそうだ。

単に伝統を墨守するのではなく、時代に応じたイノベーションを交えて広く受け入れられる道を探る。企業経営が目指すものも同じかもしれない。まずは、間もなく始まる令和時代を、よき時代にしたい。

(2019/4/29 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる