[ オピニオン ]

産業春秋/令和の主役

(2019/5/1 05:00)

今日から「令和」が始まった。歴史に刻まれる元号発令を、行儀正しくいえば「令和元年とは、日本において西暦2019年5月1日から施行される元号の初年を指す」ということになる。

新元号の発表後はちょっとした狂騒曲。「はじめは違和感があったが、なかなか良さそうな響きじゃないか」と巷(ちまた)の好感度は上々。一方で、さまざまな解説の類が世上を覆った。出典や発案者捜しなど諸説紛々。それもこれも新時代セレモニーと考えるしかないのだろう。令和を迎え、ここらで「綸言(りんげん)汗の如し」と元号論を終えたいものだ。

新天皇は即位を控えた今春の歌会始でこう詠まれた。『雲間よりさしたる光に導かれ われ登りゆく 金峰(きんぷ)の峰に』。春は昼間に始まり、秋は夜忍びよるといわれるが、令和は盛春のやわらかい陽光の中でやってきた。

そして節目を迎えた日本と日本人。祝福するように、列島には色とりどりの花々が咲き、鳥が歌い、蝶が舞う。光とともに風が海を渡り、青葉の上を吹き通る。

戦争の昭和、自然災害の平成などという。令和は宇宙と科学技術が主役かも知れない。地球外の生命体や人工知能とどう交わるのか。「よい」の意味もある令。天にも、地にも、人にも安寧であってほしい。

(2019/5/1 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい金属材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい金属材料の本

200の図とイラストで学ぶ 
現場で解決!射出成形の不良対策

200の図とイラストで学ぶ 現場で解決!射出成形の不良対策

原子力年鑑2020

原子力年鑑2020

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建築材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建築材料の本

凛穂の…気ままな散歩道

凛穂の…気ままな散歩道

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる