[ 自動車・輸送機 ]

【電子版】ビッグスリー、「大型車偏重」に回帰 米自動車危機から10年

(2019/5/2 05:00)

  • 北米国際自動車ショーに展示された米GMの大型車(19年1月、ミシガン州デトロイト=時事)

【ニューヨーク=時事】米自動車大手クライスラー(現フィアット・クライスラー・オートモービルズ=FCA)が2009年に経営破綻してから4月30日で10年。当時、ゼネラル・モーターズ(GM)も実質国有化に追い込まれるなど、米自動車業界は大きな危機に直面した。フォード・モーターを含む「ビッグスリー」は燃費を意識した新型車も展開しつつ、景気回復の波に乗って復活を遂げたが、最近では危機の一因となった「大型車偏重」に回帰する動きが目立つ。

 「ありがとう、フィアット・クライスラー」。トランプ米大統領は今年2月、FCAがミシガン州デトロイトの5工場に45億ドル(約5000億円)を投じ、6500人を雇用する計画にツイッターで謝意を示した。米新車販売が頭打ちとなる中、FCAは主力ブランド「ジープ」などの増産に踏み切る。

 強気な戦略の背景にあるのは、米国での旺盛な大型車需要だ。米業界誌によると、昨年の米新車販売のうち、スポーツ多目的車(SUV)、ピックアップトラックなど大型車の比率は過去最高の69%を記録。GMに至っては販売の8割超を大型車が占める。フォードも乗用車の生産を縮小する一方、売れ筋の大型SUVなどに力を入れる。

 ただ、大型車への依存はリスクをはらむ。価格が高く、ガソリンの消費量も多い大型車は、不況や原油高で一気に販売が落ち込む恐れがある。

 日本自動車部品工業会北米事務所の河島哲則代表は「米メーカーの大型車偏重は今も昔も変わらない。当時と違うのは、生き残りを懸けた電気自動車や自動運転車の開発に莫大(ばくだい)な資金が必要なことだ」と指摘。「各社とも利幅の大きい車種を売ることで、今まで以上に必死になってもうけようとしている」と語り、大型車重視の戦略が当面続くと予想する。

(2019/5/2 05:00)

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる