[ ICT ]

【電子版】米クアルコム、1-3月は純利益2倍 特許紛争進展で売上高上乗せ

(2019/5/2 12:00)

  • クアルコム本社(カリフォルニア州サンディエゴ、同社提供)

【シリコンバレー=時事】携帯電話向け半導体大手の米クアルコムが1日発表した2019年1-3月期決算は、売上高が前年同期比4.6%減の49億8200万ドル、純利益が約2倍の6億6300万ドルとなった。

 18年10-12月期に続き、中国・華為技術(ファーウェイ)との特許紛争に関する暫定合意に基づき、同社からライセンス使用料の一部として1億5000万ドルの支払いを受けた。実質1株利益は0.78ドルとなり、市場予想平均(リフィニティブ調べ)の0.71ドルを上回った。

 4-6月期の売上高は、92億-102億ドルを見込む。特許紛争に関連して、4月に発表したアップルとの和解に基づき金銭の支払いを受けるため、45億-47億ドルの増収効果が出るという。この特殊要因を除くと47億-55億ドルと予想。アップルやその下請け業者は4-6月期にライセンス使用料の支払いを再開するという。

(2019/5/2 12:00)

おすすめコンテンツ

技術士(第一次・第二次)試験 
「電気電子部門」受験必修テキスト
第4版

技術士(第一次・第二次)試験 「電気電子部門」受験必修テキスト 第4版

技術士第二次試験 
「電気電子部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

技術士第二次試験 「電気電子部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

技術士第二次試験 
「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード
第5版

技術士第二次試験 「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード 第5版

技術士第二次試験 
「機械部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

技術士第二次試験 「機械部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいNC旋盤の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいNC旋盤の本

2020年度版 
技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

2020年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

PR

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる