[ 科学技術・大学 ]

【電子版】LIGOとVirgo、中性子星とブラックホールの衝突重力波 初観測か

(2019/5/5 05:00)

  • 中性子星同士の合体イメージ。波打つ時空のグリッドで衝突時の重力波、細いビームはガンマ線バーストを表している。重力波観測施設の米「LIGO」と欧「Virgo」は中性子星同士の合体と思われる重力波を観測した翌日、地球から約12億光年程度離れた場所で、これまで観測されたことのない中性子星を飲み込むブラックホール衝突の可能性のある重力波を観測したという(Image:National Science Foundation/LIGO/Sonoma State University/A.Simonnet)

 中性子星とブラックホールの合体により生じた重力波を初めて観測した可能性があると、米国とイタリアにある観測装置を運用する二つの国際チームが3日までに合同で発表した。地球から12億光年程度離れた所から到来したとみられるという。

 この重力波は4月26日(世界時)に米国内2カ所にある観測装置「LIGO」とイタリアにある同「Virgo」で観測された。中性子星は巨星が寿命を迎えて爆発した後にでき、非常に密度が高いと考えられている。

 LIGOでは2015年9月にブラックホール同士の合体による重力波を初めて観測し、チームを率いた研究者らが17年のノーベル物理学賞を受賞。17年8月にはLIGOとVirgoで中性子星同士の合体による重力波を初めて観測した。

 二つの装置では性能を引き上げながら断続的に観測しており、これまでに観測したブラックホール同士の合体による重力波は13回に上る。中性子星同士の合体で生じた可能性がある重力波は今年4月25日にも観測された。(時事)

(2019/5/5 05:00)

おすすめコンテンツ

誰も教えてくれない 
「部品工場の納期遅れ」の解決策

誰も教えてくれない 「部品工場の納期遅れ」の解決策

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる