[ オピニオン ]

産業春秋/LPWAで的確な災害情報を

(2019/5/6 05:00)

台風による強風や大雨、あるいは大規模な火災や地震などの災害発生時に屋外スピーカーを通して、役所から注意や避難を呼びかける放送がある。しかし、大雨の時や夜間に戸を閉め切った家の中からは聞き取りにくい。民家が点在しているような地域では近所の声掛けも難しい。

NTTデータは「減災コミュニケーションシステム」の一つとして、こうした問題を解決するため、最新の無線通信技術LPWA(ロー・パワー・ワイド・エリア)を使って情報伝達するサービスを本格化した。

LPWAは送信できる情報量は少ないが、低費用で広い範囲に伝える安価なネットワーク技術だ。同社は埼玉県の山間にある横瀬町で実証試験を実施。山を越えても通信できることを確認した。

この技術を使うと、各戸に弁当箱ほどの受信機を置けば宅内で災害情報を受信できる。現在、自治体向けを中心に普及を進めている。平常時は役場のお知らせに使う手もあるかもしれない。

東日本大震災や北海道胆振東部地震など日本は自然災害が多い。災害から身を守るのは早期かつ的確な情報が何よりも重要だ。各地の自治体も情報が確実に住民に伝わり、安全な避難を誘導できるようなシステムを整備していただきたい。

(2019/5/6 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい金属材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい金属材料の本

200の図とイラストで学ぶ 
現場で解決!射出成形の不良対策

200の図とイラストで学ぶ 現場で解決!射出成形の不良対策

原子力年鑑2020

原子力年鑑2020

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建築材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建築材料の本

凛穂の…気ままな散歩道

凛穂の…気ままな散歩道

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる