[ 商社・流通・サービス ]

【電子版】米ウーバー、公募価格1株45ドルに設定 IPO規模8900億円

(2019/5/10 10:30)

  • 公募価格に基づく時価総額は820億ドル(約9兆200億円)規模となる(19年4月、ニューヨーク・タイムズスクエア=ブルームバーグ)

 米配車サービスのウーバー・テクノロジーズは9日、新規株式公開(IPO)価格を1株45ドルと仮条件レンジの下限に近い水準に設定したと発表した。1億8000万株を発行し、IPOの規模は81億ドル(約8900億円)となった。

 仮条件レンジは44-50ドルだった。IPO後の発行済み株式数に基づく時価総額は755億ドルとなり、株式公開前の評価額760億ドルを下回る。制限付き株式などを含めた時価総額は約820億ドルに上る可能性がある。

 事情に詳しい関係者1人によれば、ウーバーは株主の購入先として、機関投資家など長期保有が期待できる一部株主を優先した。同業のリフトは上場後数営業日で株価がIPO価格の72ドルを割り込み、9日終値時点で同価格を23%下回る水準で低迷しており、ウーバーはこのような株価の動揺は避けたいと考えたようだ。

 ウェドブッシュ・セキュリティーズのアナリスト、ダン・アイブス氏は「ウーバーは『弟分』であるリフトの状況、過去1カ月の経験から明らかに教訓を得ており、われわれはウーバーの控えめな価格設定を賢明で用心深い戦略と捉えている」と述べた。

 ウーバーのIPOは仮条件レンジの下限に近い価格設定になったとはいえ、ブルームバーグが集計したデータによると、過去の米国のIPOでトップ10に入り、米取引所での上場としては2014年の阿里巴巴(アリババ・グループ・ホールディング)(250億ドル規模)以来の大きさとなる。

 ウーバーの株式は「UBER」の銘柄コードで、ニューヨーク証券取引所(NYSE)に10日上場される。(ブルームバーグ)

(2019/5/10 10:30)

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいエントロピーの本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいエントロピーの本 第2版

技術士第二次試験 
「建設部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

技術士第二次試験 「建設部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

技術士第二次試験「機械部門」完全対策&キーワード100
第5版

技術士第二次試験「機械部門」完全対策&キーワード100 第5版

技術士(第一次・第二次)試験 
「電気電子部門」受験必修テキスト
第4版

技術士(第一次・第二次)試験 「電気電子部門」受験必修テキスト 第4版

技術士第二次試験 
「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード
第5版

技術士第二次試験 「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード 第5版

技術士第二次試験 
「電気電子部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

技術士第二次試験 「電気電子部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

Journagram→ Journagramとは

PR

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる